このページの本文へ

【au2015夏スマホ】isai/HTC J/Xperia揃い踏み! AQUOSに超タフスマホも 第10回

生活革命でECに取り組むau 有村架純さん、松田翔太さんも発表会に登場

2015年05月15日 10時00分更新

文● 末岡大祐/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「au WALLET Market」で物販を活性化させる!
ネットショッピングの時代にあえて物販に力を入れるau

 KDDIは14日、au夏モデル発表会を開催した。先日のNTTドコモと同じく、端末の紹介はそこそこに独自のサービス展開について時間を割いて説明した。

 発表会冒頭の挨拶は同社代表取締役社長の田中孝司氏。テンション高めに挨拶を済ませると、続いてauのCMである「三太郎」シリーズに出演する松田翔太さん、有村架純さんの2名が衣装をまとって登場。CMのメイキングや夏についてのトークショーを行なった。なお、松田さんはこの夏は何をしたいかという質問について「母親からサーフィンをしないかと誘われているので、サーフィンデビューします」と答え、有村さんが「スイカ割りを一度もしたことがないので、今年は友達と海でスイカ割りをしたい」と語った。

CMキャラクターの桃太郎とかぐや姫を演じる、松田翔太さん、有村架純さん。キュートな有村さんを前に、田中社長は「待ち時間に一緒に写真撮っちゃったよ」とご機嫌な様子

 トークが終わると再び田中社長が登壇。本格的に夏モデルの発表にうつった。まず、昨年からサービスを開始した「au WALLET」が好調であり、今年の5月には1200万契約を突破したこと、キャッチコピーの「あたらしい自由」に「生活革命」という解釈を加え、ネットショッピングとは別にリアルショップサービスの「au WALLET Market」を発表した。これはau直営店の物販事業をさらに拡充していくというもの。

 新サービス・au WALLET Marketの説明に、同社コンシューママーケティング本部 コンシューマビジネス開発部長 村元伸弥氏が酒屋スタイルのコスプレで登壇した。

KDDI 代表取締役社長 田中孝司氏

コンシューママーケティング本部 コンシューマビジネス開発部長 村元伸弥氏

 インターネットが発達し、スマホで気軽に買い物ができるようになったが、実は大多数がいまだに店舗に足を運んで買い物をしていることを指摘し、ネットショッピングでは欲しいものを見つけられなかったり、クレジットカードの情報漏洩だったり、単に面倒くさかったりと、そういうユーザーが潜在的に多いだろうと村元氏は推測。そのうえで「そういう方々が安心して買い物ができるように、auが本気で物販に取り組む」と意気込みを語った。

 さらに村元氏は、「auには3600万人の顧客と、全国2500のauショップと、さらにauショップには月1000万人のユーザーが来店するという資産がある」とし、「これまでのように通信サービスだけではユーザーのニーズには応えていけない。日々の生活をau WALLET Marketで楽しくしていく」と、auショップが今後違うアプローチを取り入れることを示唆した。

架空の商品「INFOJAR」を発売したいという要望に対し、「在庫になる」とバッサリ斬った田中社長

 では、具体的には何を販売するのか? 田中社長はマグロ推しだったが、村元氏は「日常的に買う物を、少し良くしたモノ」と説明した。以前、ネット上のネタとして登場した「INFOJAR」も発売したいと村元氏が言うと、田中社長は「あれは在庫になる」と応戦し、笑いを誘う一コマもあった。そのほか、食品や雑貨以外には、IoT関連の商品も取り扱っていくという。

 購入方法だが、現在はauの旗艦店であるau SHINJUKUでテスト運用されているデジタルサイネージによる通販が好評なのを受けて、auショップのスタッフがタブレットで商品の説明をし、気にいったものをお客さんがチョイスするシステムになる。最初はauの直営店のみでサービス開始となる。

 次に、同社バリュー事業本部 金融・コマース推進本部長の勝木朋彦氏が登壇し、商品だけでなく贅沢な体験も販売している大手Eコマース「ルクサ」とのコラボレーションを発表した。こちらではトレーニングジムはセスナでの飛行体験など「ルクサで培ったマーチャンダイジングのプロが選んだ体験型の商品をお届けしたい」と説明。続いて田中社長が「本気で物販をやっていきたい。auショップをもっと活性化して地域のお店にしていきたい」と締めた。

バリュー事業本部 金融・コマース推進本部長 勝木朋彦氏

本年度内には全国展開する予定とのこと

 スマホや料金プランでは横並びになっている3大キャリアだが、auはリアル店舗での物販にも注力して差別化を図っていくようだ。


■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン