このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

【au2015夏スマホ】isai/HTC J/Xperia揃い踏み! AQUOSに超タフスマホも 第11回

スペックだけじゃない! 新「HTC J butterfly」の魅力を写真で見る

2015年05月15日 12時00分更新

文● オカモト/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

今回も赤がイメージカラーの「HTC J butterfly」。夏スマホ最強級のスペックだが、サウンドとカメラにも力を入れている

 auオリジナルのHTC製スマホとして、すっかり定着した感がある「HTC J butterfly」。早くも3代目のモデルとなる。WQHD液晶や1300万画素インカメラなど、ベースとなるグローバル機を上回る部分も多い本機について、写真中心に見ていく。

インカメラにインパクトあり
ロッソの背面はラメ入りの深みのある赤

 HTC J butterflyのイメージカラーとして継続的に用いられている赤は、今回は「ロッソ」というカラバリ名が付けられている。背面はうっすらとラメの入った深みのある赤。HTC Oneのメタルボディーの方が好みという意見も見かけるが、国内ではこちらの方が受け入れられやすそうだ。

薄めのラメ入りの鮮やかな赤。前面上下の赤とも少し印象が異なる

 残りのカラバリはシルクとインディゴ。白のシルクは清潔感がある印象で、インディゴは海のような深い青。いずれもインパクトはかなり強めである。

カラバリは青、赤、白の3色

 前面を見て気づくのは、上下に設置されたスピーカー。横画面で動画などを鑑賞したときにステレオになるわけだが、前モデルと比較するとスピーカー部分が横幅一杯に広がっている。これに加えて、1つ1つ穴の直径が前モデルより0.1mm大きいとのこと。音の抜けをよくするための工夫としている。

スピーカーが左右一杯に設置。この穴自体も以前より少し大きいのだとか

メインのカメラはデュオカメラ

本体下部にキャップレスで防水・防塵対応のイヤフォンとmicroUSB端子が

 1300万画素のインカメラも存在感が強い。前面上部の中央に持ってくることで、複数人で集合写真を撮るときもカメラに目線が集まりやすくなる効果もあるとのことで、ぜひ試してほしいと説明員が紹介していた。2020万画素のメインカメラについては、深度情報を記録して、撮影後にフォーカスを変更する機能などを持つデュオカメラ仕様になっている。

 オプションの「ドットビューカバー」も前モデルから継続して用意されている。時間や着信通知などをドット絵風で知らせてくれるほか、ミニゲームも楽しめる。

ドット絵が楽しい専用カバーを今回も用意

カラバリに合わせて3色が。端末を傾けて操作するミニゲーム

次ページに残り2色の端末写真を掲載


(次ページでは、「もう2色のカラバリや詳細スペック表」)

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン