このページの本文へ

【au2015夏スマホ】isai/HTC J/Xperia揃い踏み! AQUOSに超タフスマホも第13回

VoLTEに対応したスマホガラケー「AQUOS K」 端末と料金をチェック!

2015年05月17日 12時00分更新

文● ドロイドさん/アスキースマホ総研

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Androidベースのフィーチャーフォン(ガラケー)として話題を呼んだau「AQUOS K」。前モデルの発売から3ヵ月で、新モデル「AQUOS K SHF32」が発表された。VoLTEに対応したこの次世代ケータイについて、新たに発表された料金プランも含めて、詳しく見ていく。

Androidを搭載したガラケーが早くも2代目に進化

ガラケーの操作感とスマホの性能を併せ持つ!
ここにVoLTEの高音質通話がプラスされた新AQUOS K

 ガラケーがAndroidベースになったことでのメリットは、前モデルのレビュー記事で詳しく解説しているが(関連記事)、現代のAndroidスマホの高性能なプラットフォームを利用することで、ガラケーの操作性はそのままでありながら、ウェブ閲覧の快適さ、LTEなど最新ネットワークへの対応といった、スマホ並みの性能を実現した点にある。

見た目や操作感は基本的にガラケーそのままだ
右下にある、あまり見慣れないキーはテザリング機能を直接オンにするためのもの

 AQUOS Kでは、EZwebやEZアプリなど既存のガラケー世界のサービスは利用できない。しかし、これらは明らかに縮小傾向にある。逆に増える一方の各種スマホ用ウェブサービスが、高い処理性能とLTEの高速データ通信のおかげで快適に利用できる。またテザリング機能にも対応しており、タブレットとの2台持ちという使い方も可能だ。

 AQUOS Kはスマホ並みの性能を実現しているという部分で、ドコモから発表されたスマホベースのガラケーとも方向性が異なるように見える(関連記事)。ドコモの製品は、通信は3Gのみ(LTE非対応)、無線LAN/おサイフケータイ/テザリング機能にも非対応とベーシックに通話とメール(とLINE)を中心に利用するユーザー向けと言える。

背面には時間を示す液晶が。底面は滑りにくい素材だ
バッテリー交換も可能で容量は1410mAh。スマホとしては少ない感じもあるが、タッチパネルには対応しない点、バックグラウンドのアプリはかなり通信が抑制されることから、スマホよりは長持ちすると考えていい

 さて、SHF32の新機能だが、VoLTEに対応したという点に尽きる。auの3Gによる音声通話は、他キャリアと比べても音質的に厳しい評価を受けてきたが、LTEの高速データ通信上で音声通話を実現するVoLTEにより、大幅な高音質化が期待できる。その点だけでも、通話機能を重視するユーザーにとっては選ぶ理由になるかもしれない。

SHF32で通話を発信したところ。「HD」の受話器アイコンと、発信しても「4G」のままである点が、VoLTEを利用している証

 なお、カラバリはアンバー、クリアホワイト、ボルドーの3色。前モデルは背面に網目風の模様があったが、比較的高年齢層に受け入れられたとのことで、よりシックなデザインに変更されている。

左がアンバーで右がボルドー。ともにシンプルな外見だ
スマホと同じくmicroUSB経由で充電をする。LINEのほか、auスマートパス経由でAQUOS K用のサービスが利用できる。おサイフケータイにも対応する

3Gケータイライクな料金プランを用意
ガラケーユーザーからの移行が始まる?

 ガラケーユーザーがAQUOS Kを選びにくい要素となっていたのが料金プランだ。キャンペーンによる割引こそあったが、ベースはLTEスマホ向けのもので、3Gケータイ用プランとのギャップが大きかった。

 そこで、本命(?)のSHF32のリリースと同時に新料金プランを発表している。具体的には以下のとおり。

プラン(料金はすべて税抜) ISP データ定額 合計
VKプラン
(1~21時au宛定額)
LTE NET ダブル定額(VK) 1798~5498円
998円 300円 500円(10MBまで)
~4200円(約190MB以上)
VKプランS
(1100円分の無料通話込)
1798~5498円
998円
VKプランM
(2600円分の無料通話込)
2420~6120円
1620円
電話カケ放題プラン(VK)
(国内音声定額)
3000~6700円
データ定額2/3など 6000円、
6700円など※
2200円 3500円/4200円など

※:auスマートバリューを適用可能

 通話料が従量制のタイプは「VKプラン」「VKプランS」「VKプランM」の3つ。「VKプラン」(月998円、以下すべて税抜)は1~21時までのau宛通話が定額、「VKプランS」(月998円)「VKプランM」(月1620円)はそれぞれ月1100円分、月2600円分の無料通話が付く。それ以外の通話料はすべて20円/30秒。一方、国内通話定額の「電話カケ放題プラン(VK)」は月2200円。

 データ通信は「電話カケ放題プラン(VK)」には、LTEスマホと同じデータ定額も選べるが、人気になりそうなのは2段階制の「ダブル定額(VK)」だろう。こちらは月500~4200円で、通信量の上限は月2GBである。

 「ダブル定額(VK)」の注目点はパケット単価が安価なこと。3Gケータイ時代の2段階定額は1KBあたり0.8円が他キャリアを含め一般的だったので、数MB使うだけで上限に達した。一方、「ダブル定額(VK)」は下限の月500円は10MBまでで、それ以降も0.02円に抑えられているため、上限の月4200円には約190MBで到達する。

 AQUOS Kはスマホベースであるため、稀にウェブを見たり、SPAMメールを受信する程度でも、結構な通信量を使ってしまうことになりがちだが、この状況に対応できるというわけだ。

 なお、前モデルのSHF31向けには「LTEプランS」(月998円)を追加。これは1100円分の無料通話が含まれ、「ダブル定額(VK)」と同内容のデータ定額が利用できる。

 これまでのガラケーにはなかった性能・機能を持つうえ、高音質通話が可能なVoLTEにも対応した新AQUOS Kは、本格的にガラケーを超えたガラケーと言えそうだ。発売は7月中旬の予定。

「AQUOS K SHF32」の主なスペック
メーカー シャープ
ディスプレー 3.4型液晶
画面解像度 540×960ドット
サイズ 約51×113×16.9mm
重量 約128g
CPU Snapdragon 400(MSM8926)
1.2GHz(クアッドコア)
内蔵メモリー 1GB
内蔵ストレージ 8GB
外部メモリー microSDHC(最大32GB)
OS Android 4.4
最大通信速度 下り最大150Mbps
キャリアアグリゲーション ×
WiMAX 2+ ×
VoLTE
無線LAN IEEE802.11n(2.4GHz対応)
テザリング ○(最大10台)
国際ローミング GSM/UMTS
カメラ画素数 リア:約1310万画素
バッテリー容量 1410mAh
FeliCa
NFC ×
ワンセグ
フルセグ ×
赤外線通信
防水/防塵 ○/×
卓上ホルダー
SIM形状 nanoSIM
連続待受時間(LTE) 測定中
連続通話時間(LTE) 測定中
カラバリ アンバー、クリアホワイト、ボルドー
発売時期 7月中旬

■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン