このページの本文へ

【au2015夏スマホ】isai/HTC J/Xperia揃い踏み! AQUOSに超タフスマホも第3回

5.2型WQHD液晶&1300万インカメラ、新「HTC J butterfly」は理屈抜きの高性能

2015年05月14日 12時00分更新

文● オカモト/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 auオリジナルの国内向け端末として、isaiシリーズと並んで人気の「HTC J butterfly」。昨年8月発売のHTL23以来の新モデルが登場した。

グローバルのフラグシップ機を上回る性能
それでいて防水・防塵など国内向け機能にも対応

 新型HTC J butterflyの魅力は、その理屈抜きの高いスペックだ。3月に発表されたばかりの海外のフラグシップ機「HTC One M9」が5型フルHD液晶なのに対し、本機は5.2型WQHD液晶(1440×2560ドット)を搭載。さらにインカメラも約1300万画素とリアカメラ並の性能と画質で自撮りが可能というわけだ(リアカメラは約2020万画素)。

 そのインカメラは、リアルタイムで美肌効果のエフェクトが可能。エフェクト効果はバーを動かすだけで調整ができ、WQHDの高解像度ディスプレーとの組み合わせで、自分がよく写っているかをしっかりと確認できる。

 HTC端末ならではのUIも進化し、位置情報を利用して、自分がいる場所(会社、自宅など)に合わせて、アプリアイコンの表示が自動的に切り替わる機能が用意されている。前モデルでも用意された、ドット表示で着信などを伝える「ドットビューケース」も継続され、簡単なゲームも楽しめるようになった。

 そのほかのスペックは、CPUはオクタコアのSnapdragon 810(2GHz+1.5GHz)、3GBメモリー、32GBストレージ、2700mAhバッテリーなど。ダブルCAやVoLTEなどauの最新ネットワークに対応するほか、防水・防塵/ワンセグ/フルセグ(視聴のみ)/おサイフケータイなど、国内ユーザー向けの各機能をサポート。OSはAndroid 5.0。本体サイズは約73×151×10.1mm、重量は約162g。

 カラバリはシックな赤のロッソ、シンプルな白のシルク、深い青のインディゴという3色。発売は6月上旬を予定している。

カラバリはロッソ、シルク、インディゴの3色が用意されている
「HTC J butterfly HTV31」の主なスペック
メーカー HTC
ディスプレー 5.2型液晶
画面解像度 1440×2560ドット
サイズ 約73×151×10.1mm(最厚部約10.7mm)
重量 約162g
CPU Snapdragon 810(MSM8994)
2GHz+1.5GHz(オクタコア)
内蔵メモリー 3GB
内蔵ストレージ 32GB
外部メモリー microSDXC(最大200GB)
OS Android 5.0
最大通信速度 下り最大225Mbps
キャリアアグリゲーション
WiMAX 2+ ○(CA対応)
VoLTE
無線LAN IEEE802.11ac(2.4/5GHz対応)
テザリング ○(最大8台)
国際ローミング LTE/GSM/UMTS
カメラ画素数 リア:約2020万画素
/イン:約1300万画素
バッテリー容量 2700mAh(交換不可)
FeliCa
NFC
ワンセグ ○(録画対応)
フルセグ
赤外線通信 △(リモコンのみ)
防水/防塵 ○/○
卓上ホルダー ×
SIM形状 nanoSIM
連続待受時間(LTE) 約370時間
連続通話時間(LTE) 約1120分
カラバリ ロッソ、シルク、インディゴ
発売時期 6月上旬

■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン