このページの本文へ

IoTを活用したビジネス革新に挑む企業を支援

IoT向けのニフティクラウド開始!第一弾ではMQTT対応

2015年05月12日 06時00分更新

文● 大谷イビサ/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 5月11日、ニフティはIoT(Internet of Things)活用に必要な各種機能をクラウド上で提供する「ニフティクラウドIoTプラットフォーム」の開始を発表した。

 ニフティクラウドIoTプラットフォームは、モノから得たデータによりビジネスプロセスを自動化し効率性を向上させたり、リアルタイムのデータ分析をマーケティングに生かし収益拡大につなげるなど、IoTを活用したビジネス革新に取り組む企業をシステム構築面から支援するプラットフォームサービス。IoTに取り組むにあたって構築する必要のあるシステムをパーツ化し、クラウド上で提供することで開発工数や期間を削減するという。

 第一弾として、MQTT(MQ Telemetry Transport)に対応した「ニフティクラウドMQTT」のβ版が公開。M2Mなど大量かつ高頻度のメッセージ発行を行なえるサービス。専用ダッシュボードからのクリック操作のみでMQTTブローカーへのメッセージ発行が可能なほか、QoSなど、MQTT利用時に必要な機能を用意。WebSocketポートに対応し、作成したMQTTブローカーに対するアクセスコントロール機能を提供する。

「ニフティクラウドMQTT」ダッシュボード画面イメージ

 ニフティクラウドMQTTではMQTT特有の機能を豊富に利用できる柔軟性の高さと、専用のダッシュボードから容易に操作できる操作性の高さが特長となっている。ニフティクラウドMQTTにより、自ら工数やコストをかけてシステムを構築することなく、短期間かつ容易にMQTTを活用したメッセージ発行を行なるという。

 今後、ニフティクラウドIoTプラットフォームでは、ニフティクラウドMQTTに加え、データストリーミング機能やデータ分析/可視化機 能などを順次提供していく。また、企業のIoTビジネスを推進する専門チームを社内に創設し、プロトタイプ開発などサービス開発の面からも、IoTに取り組む企業を強力に支援していくという。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ASCII.jp特設サイト

クラウド連載/すっきりわかった仮想化技術

ピックアップ