このページの本文へ

デバイスSDKも提供する「IoTデバイスハブ」トライアルα版を公開

ニフティクラウド、IoT基盤サービスにデバイス管理機能追加

2016年07月04日 06時00分更新

文● 大塚昭彦/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ニフティは6月29日、IoTデバイスの管理機能を提供するクラウドサービス「ニフティクラウド IoTデバイスハブ」のトライアルα版を公開した。デバイス側に接続機能を組み込むSDKも提供されている。正式版は今秋提供予定。

「ニフティクラウド IoTデバイスハブ」の概要。デバイスとニフティクラウド上のプラットフォームをつなぐ

 ニフティクラウド IoTデバイスハブは、昨年5月から提供を開始した「ニフティクラウドIoTプラットフォーム」の一機能として提供されるもので、IoTデバイスとニフティクラウド上のプラットフォームとをつなぐ機能を提供する。

 具体的には、デバイス開発時に組み込むことでクラウド接続を可能にする「デバイスSDK」と、接続された各デバイスのデータ収集や、デバイス/ユーザー管理の機能などを提供する。さらに、ユーザーが別途開発するアプリケーションに対し、IoTデバイスから取得した情報や画像などのデータを提供するAPIおよび「モバイルSDK」を提供する。

 こうした仕組みをクラウドサービスとして提供することにより、企業は大きなコストをかけることなく、IoTデバイスを活用したアプリケーションやサービスの開発に取り組むことが可能。

 現在はトライアルα版を公開しており、同社サイトより申し込むことで無料で利用できる。正式版の価格は提供開始時に発表予定。

カテゴリートップへ

ASCII.jp特設サイト

クラウド連載/すっきりわかった仮想化技術

ピックアップ