このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

今年も話題のスマホがたくさん発表! MWC 2015レポ第10回

Acer初のWindows Phone「Liquid M220」をネットリ触ってきた!

2015年03月02日 20時30分更新

文● 平澤寿康 編集● ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 AcerはMobile World Congress 2015開幕前日の3月1日(現地時間)に新型スマートフォン4製品を発表した。

Acer初のWindows Phone端末「Liquid M220」。4インチWVGA液晶、Snapdragon 200搭載のエントリーモデルだ

Acer初のWindows Phone「Liquid M220」が登場!

 今回の新製品の中で最も注目されるのが、Acerとしては初のWindows Phone端末となる「Liquid M220」だ。480×800ドット(WVGA)表示対応の4型液晶搭載で、手のひらにすっぽり収まるコンパクトサイズ。

 CPUはQualcommのSnapdragon 200(1.2GHzデュアルコア)採用のため、上位CPU搭載スマホに比べると若干動作がもっさりしている印象もあるが、不満に感じるほどではなかった。エントリーレベルのスマホとして考えると、納得できる範囲内だ。

下部側面。側面にはシルバーのラインが入っている左側面
上部側面。USBコネクターとヘッドセットジャックがある右側面。電源ボタンとボリュームボタンを配置

 OSは、現時点ではWindows Phone 8.1を採用しているが、Windows 10登場後にWindows 10へのアップデートも予定しているとのこと。将来性も不安がなさそうだ。

 メモリーは1GB、ストレージは8GBで、microSDカードを利用したストレージの増量に対応。カメラは500万画素のメインカメラと200万画素のフロントカメラを搭載。モバイル通信機能は3Gにのみ対応しLTEには非対応となる。

背面のメインカメラは500万画素

 ボディーは背面が外せるタイプで、バッテリーも交換可能。最近は交換に対応していないスマホが増えているが、利便性を考えるとこれはうれしいポイントだ。また、フリップタイプのカバーが付いた裏蓋もオプションで用意される。カバー開閉でスリープへの自動移行や自動復帰するため、液晶面を保護しつつ利便性も高められる。

背面カバーは着脱可能。樹脂製でレザー調の模様が入っているが、やや安っぽい印象フリップケースを装着した状態
フリップケースで液晶面を保護でき、開閉でスリープへの自動移行や自動復帰も可能バッテリーは交換可能だ

 そして、Liquid M220の最大の特徴となるのが価格だ。欧州での販売価格は79ユーロ(1万円強)と非常に安価となっている。スペックはそれほど高くなく、デザインはやや安っぽく感じるが粗雑ではなく、この価格を聞けば納得の範囲内。

 4月以降に欧州で販売開始となり、日本での発売は未定とのことだが、格安スマホですでに日本上陸も果たしているAcerだけに、格安Windows Phone端末として発売されれば十分に注目されると思われる。ぜひとも発売を期待したい。

デュアルSIM対応の格安Androidスマホ「Liquid Z220」

 次に紹介するのは、エントリークラスのAndroidスマホ「Liquid Z220」。Windows Phone端末のLiquid M220とほぼ同等スペックのAndroidスマホだ。ハードウェアで異なる点は、デュアルSIM仕様になっていることくらい。

Liquid M220とほぼ同等スペックのAndroidスマホ「Liquid Z220」

 4型のWVGA液晶と搭載し、CPUはSnapdragon 200、メモリー1GB、ストレージ8GB、500万画素のメインカメラと200万画素のフロントカメラなどの仕様は同じ。ただし、OSはAndroid 5.0を採用している。Liquid Z220はAcerとして初のAndroid 5.0対応端末とのことだ。

背面から見た印象はLiquid M220と全く同じ。カメラの仕様も500万画素と同じだOSはAcer製スマホ初となるAndroid 5.0を採用する
Liquid M220とLiquid Z220の比較。OSやSIMスロットなど違いはあるが、その他の仕様はほぼ同じで、外観はまったく同じだ

 手に持った印象は、Liquid M220と全く同じで、背面カバーを外してフリップケースを装着できる点も同じ。動作はOSの違いからかLiquid M220に比べると、わずかにキビキビしているという印象だったが、それでもエントリーレベルの域は出ていない感じだ。

 欧州での販売価格は89ユーロ(約1万2000円)と、Liquid M220よりも10ユーロ高い設定となっている。ただ、それでも十分に安価で、エントリー層には受け入れられそうだ。

(次ページでは、「5型液晶搭載のエントリースマホ「Liquid Z520」と「Liquid Jade Z」」)

前へ 1 2 次へ

この特集の記事
ノートパソコン
デスクトップ
モニター

intel

詳しくはレビューをチェック