このページの本文へ

【au2015春スマホ】INFOBARの新型! Androidなのにガラケーも第4回

アクティブシニア向き!? 使いやすさ&性能が両立の「BASIO」

2015年01月19日 12時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

誰でも使いこなせるシンプル設計
京セラ「BASIO」

 いわゆるシニア向けのスマホとして登場した「BASIO KYV32」。このタイプのスマホはアイコンが大きい専用UIと、アプリのインストールが制限されているなど、どちらかと言えば安全性がより重要視されている印象だった。

 BASIOも専用UIは採用されているもののGoogle Playからのアプリ追加が可能。さらにUIも自分で好きなようにカスタマイズができるので、シニア向けとは言いつつ、スマホをよりアクティブに活用する幅広いユーザーに適した1台だ。

 実はスペックも高く、CPUに2.3GHz動作のクアッドコア(Snapdragon 801)に2GBのメモリー、16GBのストレージと、春モデルとして発表された「INFOBAR」や「AQUOS SERIE mini」同クラス。ディスプレーは5型(1080×1920ドット)と一番大きい。

 一方でメインのキーがハードキーだったり、カメラのシャッター専用ボタンが用意されるなどの仕様がうれしく、さらに防水・防塵のほかに耐衝撃にも対応する。京セラ製端末らしく「スマートソニックレシーバー」も搭載するという、シニアじゃなくても使いたくなる要素が満載だ。もちろん、4G LTE、VoLTE、キャリアアグリゲーションなど、auのフルサービスが利用できる。カラバリはゴールド、ピンク、ブルーの3色。

ピンクブルー
「BASIO KYV32」の主なスペック
メーカー 京セラ
ディスプレー 5型液晶
画面解像度 1080×1920ドット
サイズ 約70×142×10.4mm
重量 約152g
CPU 2.3GHz(クアッドコア)
内蔵メモリー 2GB
内蔵ストレージ 16GB
外部メモリー microSDXC(最大128GB)
OS Android 4.4
最大通信速度 下り最大150Mbps
キャリアアグリゲーション
WiMAX 2+
VoLTE
無線LAN IEEE802.11ac(2.4/5GHz対応)
テザリング ○(最大10台)
国際ローミング LTE/GSM/W-CDMA
カメラ画素数 リア:約1300万画素CMOS/イン:約97万画素
バッテリー容量 3000mAh(交換不可)
FeliCa ×
ワンセグ ○(録画対応)
フルセグ ×
赤外線通信
防水/防塵 ○/○
卓上ホルダー
SIM形状 nanoSIM
連続待受時間(3G/LTE) 約750時間
連続通話時間(3G/LTE) 約1530
カラバリ ゴールド、ピンク、ブルー
発売時期 2月中旬

■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン