このページの本文へ

【au2015春スマホ】INFOBARの新型! Androidなのにガラケーも第8回

イケメンも登場! 怒濤のサービス連発のau春モデル発表会

2015年01月19日 19時24分更新

文● 末岡大祐/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

CMキャラクターたちの裏話から
機種変大勝利なサービスなどが飛び出したau発表会

 auは今日19日、スマートフォンやフィーチャーフォンの春モデル発表会を開催した。スマホ4機種、フィーチャーフォン2機種、モバイルルーター1機種の、合計7機種が発表されたがそちらは個別記事をご覧いただきたい(関連記事)。

 いつもの発表会と違い、最初にCMキャラクターである松田翔太さん(桃太郎)、桐谷健太さん(浦島太郎)、濱田 岳さん(金太郎)の3人が勢揃いし、CM撮影の裏話などを語った。とくに金太郎役の濱田さんは「冬なのに僕だけノースリーブで寒くて、素に戻ってしまうことがあった」と本音を語り、会場を笑わせた。田中孝司社長も登場し、「みんな自由すぎて面白い。裏で見てて本気で爆笑してしまいました」とCMのデキにも満足な様子。

桃太郎役の松田翔太さん浦島太郎役の桐谷健太さん金太郎役の濱田 岳さん
「この3人が実際にいたらこんな感じだろうな、と思いながら演技した」と桐谷さん。実際、ロケはアドリブだらけの自由な現場だったとか

 CMの紹介が終わると、いよいよ端末のプレゼンテーション。KDDI代表取締役の田中孝司社長は「年末のクリスマスプレゼントとして、Firefox OS搭載の“Fx0”をリリースし、作る自由を提案した」と冒頭に述べ、さらに端末紹介の前に昨年から始まったVoLTEのシンク機能のデモを行なった。これらの機能を「Always 4G LTEのauだからこそできること」と自信を見せた。なお、シンク機能は1月下旬から開始予定だ。

昨年末にハイスペックなFirefox OS搭載スマホ「Fx0」をリリースし、「今はまだ収益にはなっていない」と語った田中孝司社長

 新機種紹介のあとは、新サービスのアップグレードプログラムが公開された。これは、スマホを買い換える際にスマホの残金をauが負担するというサービス。これまではMNPが優遇されがちだったが、ついに機種変ユーザーも優遇される。条件としては、月額300円でこのプログラムに加入し、2年契約で18ヵ月以上経ったユーザーが対象。2年契約で支払っていたスマホ本体の残金を実質0円にしてくれる。

 田中社長によると、ずっとauを使ってほしかったからとのことで、「au大好きプログラム」と呼んでいた。機種変更時に元の端末は回収され、プログラムを契約しながら適用せずに機種変した場合は、プログラム料金が返却(au WALLETへのチャージで)される。

 なお、このアップグレードプログラムの対象機種は今のところiPhone 6、iPhone 6 Plus、INFOBAR A03、AQUOS SERIE miniの4機種だが、ジュニア向けスマホ「miraie」の料金プランには最初から組み込まれている。

 次は毎年恒例の学割。今年は1月21日~5月31日の期間で受け付ける。カケホとデジラプラン、LTEプランのどちらでも学割が適用され、対象は学生とその家族。カケホとデジラの場合、月1500円の割引(データ定額 5GB以上、2年間)、LTEプランの場合は基本使用料が無料(3年間)になる。

 最後は、順調に契約者を増やしている「au WALLET」の入会キャンペーンを紹介した。1月20日~3月31日の期間中、au WALLETのクレジットカードに加入すると500ポイントがプレゼントされ、さらに引き落とし口座にじぶん銀行を登録しておけば500ポイントのほかに、au料金支払いで貯まるポイントが実質3倍になるというもの。

au WALLETが使える場所も増えてきたし、持っておいて損はないカードだ

 田中社長はすべてのプレゼンテーションを終えたあと、「auは学生だけでなく、家族もしっかり応援していきたいのでよろしくお願いします」と語り、ステージをあとにした。


■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン