このページの本文へ

【au2015春スマホ】INFOBARの新型! Androidなのにガラケーも第7回

ガラケーなのにAndroidスマホ!? 「AQUOS K」に写真で接近!

2015年01月19日 18時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 いまだに需要が根強いフィーチャーフォン(ガラケー)。一方で進化がほぼ止まっていることもあり、ウェブ閲覧などでは性能面で不満を持っていた人も多いはず。そこで登場したのが、Androidをベースにする「AQUOS K」。性能はスマホレベルになったが、見た目はガラケーそのもののちょっと変わった端末だ。

 詳細なスペックや特徴については、こちらからチェックしてほしい。

前面
背面
折りたたみ、上から
下から
右から
左から
テンキーの外見はガラケーそのもの
もちろんストラップホールもある
この外見にして「Wi-Fi テザリング」ができるのは大きなポイント
カメラも4K撮影ができる
カメラをかざすと英語を翻訳する「翻訳ファインダー」を搭載
場面に応じて構図を教えてくれる「フレーミングアドバイザー」機能
キー上の静電式センサーを長押しして……
タッチパッドのように画面をスクロールできるなど、スマホライクな操作性も実現
カラバリはレッド、ホワイト、ブラック
「AQUOS K SHF31」の主なスペック
メーカー シャープ
ディスプレー 3.4型液晶
画面解像度 540×960ドット
サイズ 約52×113×17mm
重量 約124g
CPU 1.2GHz(クアッドコア)
内蔵メモリー 1GB
内蔵ストレージ 8GB
外部メモリー microSDHC(最大32GB)
OS Android 4.4
最大通信速度 下り最大150Mbps
キャリアアグリゲーション ×
WiMAX 2+ ×
VoLTE ×
無線LAN IEEE802.11n(2.4GHz対応)
テザリング ○(最大10台)
国際ローミング GSM/W-CDMA
カメラ画素数 リア:約1310万画素CMOS
バッテリー容量 1410mAh
FeliCa
ワンセグ
フルセグ ×
赤外線通信
防水/防塵 ○/×
卓上ホルダー
SIM形状 nanoSIM
連続待受時間(3G/LTE) 約610時間/約470時間
連続通話時間(3G) 約620分
カラバリ レッド、ホワイト、ブラック
発売時期 2月下旬

■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン