WindowsやPS4でSSD速度検証! 第5回

ランダムライトが高速化した「Samsung SSD 850 EVO」の性能

文●石井 英男

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

HD Tune Proでは850 EVOが
840 EVOを上回る結果

 今度は「HD Tune Pro 5.50」を利用して、より詳細なテストを行なった。HD Tune Proでは、ディスク全域にわたるテストが可能である。結果は下に示した通りで、850 EVOのリード速度は、多少上下があるものの、ほぼ安定しており、平均は355.3MB/sとなった。

Samsung SSD 850 EVO

Samsung SSD 840 EVO

HD Tune Pro 5.50(リード)

 また、ライト速度の平均は334.7MB/sであった。840 EVOでは、リード速度の平均は344.6MB/s、ライト速度の平均は327.8MB/sであり、公称スペックは同じだが、HD Tune Proでは、850 EVOのほうがリード、ライトともに高速という結果になった。

Samsung SSD 850 EVO

Samsung SSD 840 EVO

HD Tune Pro 5.50(ライト)

 850 EVOのファイルベンチマークの結果は、シーケンシャルリードが47万8601KB/s、シーケンシャルライトが46万4267KB/sで、IOPS値は4KBランダム(QD1)のリードが9127、ライトが2万5462、4KBランダム(QD32)のリードが9万1819、ライトが8万6711となった。

Samsung SSD 850 EVO

Samsung SSD 840 EVO

HD Tune Pro 5.50(ファイルベンチマーク)

 840 EVOは、シーケンシャルリードが49万82KB/s、シーケンシャルライトが45万9482KB/s、IOPS値は4kBランダム(QD1)のリードが7015、ライトが2万4198、4KBランダム(QD32)のリードが5万8300、ライトが7万6651。

 シーケンシャルリードは840 EVOのほうが高速だが、それ以外は850 EVOが高速という結果になった。特に、QD32での性能差が大きい。

 公称スペックでは500GBモデルの場合、QD32のIOPS値は850 EVOと840 EVOは同じなのだが、HD Tune Proでは、850 EVOのほうが高速であった。

ファイルコピーでも
性能差が明らかに

 次に、SSDに特化したベンチマークソフト「AS SSD Benchmark 1.7.4739.38088」を利用して、パフォーマンスを計測してみた。

 転送速度の測定では、850 EVOのシーケンシャルリードが495.00MB/s、シーケンシャルライトが483.59MB/sだったのに対し、840 EVOのシーケンシャルリードは495.61MB/s、シーケンシャルライトは477.68MB/sとなった。こちらは、公称スペック通り、ほぼ同じ結果となった。

Samsung SSD 850 EVO

Samsung SSD 840 EVO

AS SSD Benchmark 1.7.4739.38088(転送速度)

 IOPSの計測では、850 EVOの4K-64Thrdのリードが9万7631、ライトが8万3080だったのに対し、840 EVOの4K-64Thrdのリードは9万5622、ライトは8万3342となり、リードはわずかに850 EVが上回っている。

Samsung SSD 850 EVO

Samsung SSD 840 EVO

AS SSD Benchmark 1.7.4739.38088(IOPS)

 また、AS SSD Benchmarkには、巨大な単体ファイルのコピーを想定した「ISO」、小さなファイルを多数コピーすることを想定した「Program」、さまざまな大きさのファイルが混在した場合のコピーを想定した「Game」という、3種類のファイルコピーテストが用意されている。

 850 EVOのファイルコピー時の転送速度は、ISOが376.10MB/s、Programが236.46MB/s、Gameが301.66MB/sであり、コピーにかかった時間はそれぞれ、2.86秒、5.95秒、4.58秒となった。

Samsung SSD 850 EVO

Samsung SSD 840 EVO

AS SSD Benchmark 1.7.4739.38088(ファイルコピー)

 それに対し840 EVOのファイルコピー時の転送速度は、ISOが356.24MB/s、Programが213.27MB/s、Gameが277.18MB/sで、コピーにかかった時間はそれぞれ、3.01秒、6.60秒、4.98秒だった。

 ファイルコピーテストは、すべてのテストにおいて、850 EVOのほうが高速だが、特にProgramとGameでの差が大きい。ProgramやGameは、実際にPCを使う際のワークロードに近く、実使用での快適さはさらに向上したといえる。

 さらに、コンプレッションベンチマークを実行した。これは、圧縮が効かないまったくのランダムデータから同じ値が続く圧縮しやすいデータへと、連続的にデータ構成を変えて転送速度を計測するテストである。

Samsung SSD 850 EVO

Samsung SSD 840 EVO

AS SSD Benchmark 1.7.4739.38088(コンプレッション)

 書き込み時にデータ圧縮を行なうSSDではグラフが右肩上がりの曲線となるが、850 EVOおよび840 EVOは、グラフがほぼ水平になっており、データの構成にかかわらず安定した性能が得られていることがわかる。

→次のページヘ続く (ATTOによる転送速度は公称値を上回る

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
2020年
01月
03月
05月
06月
07月
09月
10月
11月
12月
2019年
01月
03月
04月
05月
07月
09月
10月
11月
12月
2018年
01月
04月
05月
06月
07月
09月
11月
12月
2017年
06月
08月
09月
10月
2016年
02月
06月
09月
10月
11月
12月
2015年
11月
2014年
07月
12月
2013年
07月
12月
2012年
10月