このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

最新端末を丸裸! スマートフォン定点観測 第106回

GALAXY Note Edge、Xperia Z3、ZenFone、注目端末の速度比較

2014年11月10日 12時00分更新

文● 小林 誠、ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ドコモとauの冬モデルからGALAXY Note Edge、Xperia Z3を迎え、さらにSIMフリーのASUS「ZenFone 5」を加えて比較している当連載。今回はスクロールや文字入力のタイム、通信速度を比較する。サクサク使えるのは人気のあの機種だ!

ドコモ「GALAXY Note Edge SC-01G」

au「Xperia Z3 SOL26」

ASUS「ZenFone 5」

ハイスペックなGALAXY Note EdgeとXperia Z3に
安価なZenFone 5は迫れる!?

 比較している3機種は国内はもちろん海外でも注目されている、NTTドコモ「GALAXY Note Edge SC-01G」、au「Xperia Z3 SOL26」、ASUSのSIMフリースマホ「ZenFone 5」の3台だ。まずはおさらいとして主要スペックから。

  ドコモ
「GALAXY Note
Edge SC-01G」
au
「Xperia Z3
SOL26」
「ZenFone 5
A500KL」
メーカー サムスン電子 ソニーモバイル ASUS
本体サイズ 約82×151×8.5mm 約72×146×7.3mm 約72.8×148.2×10.34mm
重量 約177g 約152g 約145g
画面サイズ 5.6型 5.2型 5型
画面解像度 1440(+160)×2560ドット 1080×1920ドット 720×1280ドット
OS Android 4.4.4 Android 4.4.4 Android 4.4.2
CPU クアッドコア 2.7GHz クアッドコア 2.5GHz クアッドコア 1.2GHz
ROM/RAM 32GB/3GB 32GB/3GB 2GB/16 or 32GB
メモリーカード microSDXC(128GB) microSDXC(128GB) microSDXC(64GB)
下り最大通信速度 150Mbps
(Xi)
150Mbps
(4G LTE)
150Mbps
LTE対応周波数 2GHz/1.7GHz/
1.5GHz/800MHz
2.5GHz(WiMAX 2+)/
2GHz/800MHz
2GHz/
1.7GHz/900MHz/
800MHz/2.6GHz
キャリアアグリゲーション × ×
VoLTE × ×
無線LAN 2.4/5GHz対応 2.4/5GHz対応 2.4GHz対応
テザリング ○(最大10台) ○(最大10台) ○(最大5台)
カメラ画素数 1600万画素CMOS
(裏面照射型)
2070万画素CMOS
(裏面照射型)
800万画素CMOS
(裏面照射型)
インカメラ 370万画素CMOS
(裏面照射型)
220万画素CMOS
(裏面照射型)
200万画素CMOS
防水/防塵 ×/× ○/○ ×/×
ワンセグ連続視聴 8時間50分 7時間50分 ×
フルセグ連続視聴 5時間30分 5時間10分 ×
FeliCa ×
赤外線通信 △(リモコンのみ) × ×
NFC ×
Bluetooth 4.1 4.0 4.0
MHL(HDMI) ×
Miracast
SIM形状 microSIM nanoSIM microSIM
バッテリー容量 3000mAh 3100mAh 2110mAh
Qi × × ×
カラバリ Charcoal Black、Frost White ホワイト、ブラック、カッパー、シルバーグリーン ブラック、ホワイト、レッド、ゴールド

 スペック的にはGALAXY Note Edgeが冬スマホ全体でも最強クラスと言える。とはいえXperia Z3も防水・防塵などバランスがいい。一方のZenFone 5は日本向け機能が軒並み非対応でCPUもミドルレンジクラスである。

 もっとも料金比較をすれば、まったく逆。ZenFone 5が格安SIMとの組み合わせ(楽天モバイル)を想定すると、破格の安さ(関連記事)。GALAXY Note Edgeはスペックが高いだけに端末代も高かった。

 前回はスペックよりも料金をとってZenFone 5の勝ちとした。今回からは実際に操作してのテストになるが、ここでスペックの差がどう出てくるのかがポイントになりそうだ。

Gmailの500通スクロールチェック
大画面でもGALAXY Note Edgeは強かった

 スクロールチェックではGmailを500通あらかじめ受信しておき、画面の上から下へ片手操作でスクロールし、500通目に達したのが一番早い機種が勝ち。タイムはストップウォッチで計測し、3回行う。結果は以下の通り。

  GALAXY Note Edge Xperia Z3 ZenFone 5
最速タイム 4秒14 7秒40 5秒51
平均タイム 4秒52 7秒87 6秒48

 GALAXY Note Edgeが最速、平均タイムどちらも4秒台。5.6型の大画面でありながら片手操作でもスピーディー。ただしスクロールの最初は滑らかだが、途中でカクカクとしたぎこちない操作となる。表示が省略されているようだ。

 2位はZenFone 5で、こちらも最初は滑らかだが、後半に何度かスクロールが止まる。これも表示の省略のせいだろう。指を大きく動かしてフリックすると滑らかなスクロールになるが、少々時間がかかる。

 Xperia Z3はタイムでは負けたが、終始滑らかで気持ちの良いスクロール。指の動かし方を変えても快適で、“滑らかさ”で比べるのならトップだ。

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン