このページの本文へ

四本淑三のダイエット・ギークス ― 第5回

ダイエットに励むため、ひいては長くゲームを続けるための心得

プレイヤー必見! Ingressを楽しむコツは敵味方を区別しない?

2014年10月18日 12時00分更新

文● 四本淑三

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

最初はあいさつしてから攻撃すべきか悩んだ

 エージェント同士のアクションは、COMMと呼ばれる画面でモニターできます。近隣のエージェントがどこで何をしているのか、だいたいこれでわかります。

COMM画面には自陣営のエージェント間でコミュニケーションが取れるチャット機能もあります。モニターするデータは距離でフィルタリングできます(画像はほかのエージェントの作戦行動及びプライバシー保護のため修正が加えられています)

 たとえば「ID xxxxが、なになにのポータルを攻撃している」というような表示も出ます。また、あなたの保有しているポータルが攻撃を受けた場合、その旨メールで通知する機能もあります。

 つまり、あなたが誰かのポータルを攻撃している最中に、ほかのエージェントがそこに居合わせた場合、あなたのIDと姿を結びつけて覚えられる可能性が高いということです。なにしろ、その立ち居振る舞いで、エージェントはだいたい見分けがついてしまうので(前回参照)

 私は気が小さいので、ゲームを始めて最初に他人様のポータルを攻撃する際、そのオーナーにチャットで一言断りを入れたほうがいいのか、実は少し迷いました。いや、笑いごとではなく。

 なにしろTwitterなどでは「無言フォロー禁止」とか「フォロー外から失礼いたします」のような不思議マナーがはびこるネットの世界です。Ingressにもルールに載っていない、しかしやると確実にひんしゅくを買う行為があるのかもしれないなと。

 あるいは攻撃している最中に、草むらから怖い人が出てきて「誰のポータルだと思っとるんじゃワレ!」なんて首根っこ掴まれたらどうしようとか。

 もちろん、まだそういう目には遭っていませんが。

(次ページでは、「Ingressは破壊することに意味がある」

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン