このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

濡らす程度じゃビクともしない! 頑丈すぎる戦場ノート第1回

バランスがよく、安定感のある仕上がり

戦場仕様の超ゴツイノート「Dell Latitude 12 Rugged Extreme」は操作性もExtreme (1/2)

2014年10月30日 20時00分更新

文● 林 佑樹

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

戦場での使用も想定されている超ゴツいノートPC「Dell Latitude 12 Rugged Extreme」

 戦場での使用も想定されている「Dell Latitude 12 Rugged Extreme」。工事現場にしても悠長に操作できるシーンはひどく限られているため、このあたり、Dell Latitude 12 Rugged Extremeはとても意欲的に開発したようだ。ギリギリでモバイル可能な外観と重さとなっているが、操作性は殺されておらず、膝上やその辺の台座など、状況を選ばず、操作が可能となっている。

Dell Latitude 12 Rugged ExtremeはExtremeの紹介でも使用されている写真。これまでノートPCは不向きとされた使用シーンを前提に開発されている

 コンバーブル型PCの場合、使い勝手のポイントとしては保持のしやすさ、キーボードの使い勝手があり、バッテリー駆動時間、液晶パネルの見えやすさがノートPC状態での重要な要素だ。次にタブレットモードにした場合は、まず持ちやすさ、次に入力のしやすさになるだろう。

可変機構を利用して写真のように設置することもできる。タブレット状態でも分厚いため、自立可能である点がなかなかいい

背面。四隅の脚で浮いているため、直接接触することないのだが、背面はとくに分厚い素材を採用しているようだ。またアウトカメラとLEDライトもあり、工事現場での撮影にも対応する

約2.5kgと重く、気楽に持てるものではない点以外は、条件を満たしている。またカスタマイズによりベルトを装着させたり、オプションでハンドルを付けるなどもでき、このあたりは改良を加えることで、重さからくる問題への対応は可能なようだ。

デル株式会社


(次ページ「抵抗膜式を採用するタッチ操作だがレスポンスはいい」へ続く)

前へ 1 2 次へ

この連載の記事
ASCII.jpおすすめパック
製品ラインナップ
インテルバナー