このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

プリンストンのデジギア道 第29回

車内の地図と音楽を低価格で充実できる

iPadとiPodを同時充電できるFMトランスミッターはこう使え!

2014年08月26日 11時00分更新

文● 花茂未来

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

今回はスマホの音楽を車内で楽しめるFMトランスミッター「PCK-FMBT2」をレビューする。

 ドライブに欠かせないものといえば、兎にも角にも音楽! ただ、ボクの車は平成12年式の軽自動車で、なんせ「カーステレオがボロい」。いまだにCD/MD/ラジオ機能を搭載した旧世代の遺物である。そもそも音楽はiTunesで管理しているのに、それらを含め、ダウンロード購入した音楽も当然聴くことができない。

音楽はiTunesで管理。膨大なCDだってボクの第4世代iPod touchのわずか101gに収まる。

 ちなみにボクは、音楽視聴をiPod touch、電話はiPhoneで使い分けている。iPad miniもあるが棚の奥でお休み中だ。これらのデバイスを活用しつつ、iTunesの音楽を車で聴ければ万々歳なのである。古い軽自動車にそんなお金はかけたくない。

 つまり「なるべく低予算」で、「車でiTunesの音楽を聴く」ことを実現できればいい。なお、iPod連携ができるカーステレオも検討したが、本体価格と取り付け工賃で1万円以上するので却下。そこで目を付けたのが、FMトランスミッターだ。

FMトランスミッター「PCK-FMBT2」。スマホやタブレットとはBluetooth接続で、カースレテオとはFM電波もしくは、3.5mmステレオミニプラグで接続できる。

 気になった機種は「PCK-FMBT2」(実売価格4900円前後)。Bluetooth 4.0対応のスマートフォンやタブレットとBluetoothで接続し、音楽やナビアプリの音声ガイドなどをFMラジオに出力して、カーステレオで再生することができる製品だ。これを選んだ大きな理由は、まずUSB充電ポートが2つになり、その他のハードウェア構造もかゆいところに手が届き"そう"だったこと。

 加えて、マルチポイント接続に対応したことで、使い方次第でHDDカーナビのような環境を構築でき"そう"だったから。実際のところはどうなのか、製品を入手して試してみた。

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン