このページの本文へ

アスキースマホ総研 第35回

5.5型のiPhoneってホントに出る!? 次期iPhoneを今年も妄想

2014年08月12日 11時00分更新

文● アスキースマホ総研

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

サイズが2つあったとして、その位置づけは?
カラバリはどうなる?

ドロイド ここまではすでに結構出ている話だと思うのですが、ここで1つ勝手な妄想に走ると、「製品名はiPhone 6なのかな?」という点。

次期iPhoneは当然iPhone 6になるだろうと考えていたカリーさん

カリー えっ、どういうこと? iPhone 4→iPhone 4S→iPhone 5→iPhone 5sと来たんだから、この次はiPhone 6でしょ。普通に考えると。

スピーディー 本命はもちろんそうでしょう。

ドロイド じゃあ、もし本当に2モデルあるとして、どうやって製品名を分ける?

カリー そりゃ、今回もiPhone 6sとiPhone 6c……2014年はそれでいいとしても、2015年モデルの製品名に困る!

ドロイド iPhone 5cが純粋な廉価版とは言いにくかったように、2モデルが出るとしても、どちらかが廉価版扱いというより、別モデル扱いになりそう。とすると、iPadやMacのようにこれからは製品名は変えずに、モデルイヤーで区別される形になる可能性があるのかなあと。4型のiPhoneを継続するのにも都合がいい。

気がつけばiPadもMacもモデルイヤーで区別される形になっていた

スピーディー ここでアップル系ライターのカリーさんに、ずばり予想してもらいましょう。

カリー ……「iPhone Pro」「iPhone mini」? そして4型は「iPhone Classic」だ!

ドロイド まあ、普通ですね。

カリー 人に聞いといて、なんですか、その感想は。でも、やっぱりiPhone 6がわかりやすいから、プレミアムの“P”で「iPhone 6P」がいい!

スピーディー それじゃあ、チーズみたいだよ!

ドロイド 「iPhone 6 Air」「iPhone 6 mini」なんて製品名も妄想できる。今更、突飛な名前でもないでしょうし。

カリー それとも「新しいiPhone」「新しいiPhone mini」とか!?

スピーディー それはさすがにややこしいかな……。ここは「5.5-inch iPhone」「4.7-inch iPhone」がいいんじゃないかなあ。ちょっとストレートすぎだけど。

MacBook Airのように「サイズ+iPhone」だと、確かにスゴくわかりやすい

ドロイド 製品名は実際に発表されるのをお楽しみにですね。あともう1つ、気になるのがカラバリ!

カリー iPhone 6だから、6色にしましょう! “5c“は実は5色で5cだったんですよ!

「5cだから5color!」とは、なんだかカリーさんらしくないもっともさ

スピーディー なんか単純な意見だけど、今度は微妙に説得力あるぞ!

ドロイド iPhone 5sのゴールドはなじんできたし、ぜひ継続してほしいけど、新色も欲しい。かといって新色が1色だと、そこに人気が集まっちゃって、結局みんなで同じ色のiPhoneを使っているという状況になる。うーん。

スピーディー 逆に大きい方のモデルは初心に戻って、黒と白だけという手もあるかも。

ドロイド それから密かに期待しているのが、純正カバー。iPhone 5sとiPhone 5c用はちょっと存在感がなかったので。欲しいのはAndroidでよくある窓付きのフリップ型……というのはともかくとして、「おおおっ」と感じるようなのを期待したいです。

今回は純正カバーにも新しさを期待したいところ

Androidスマホで用意されていることが多い、窓付きのフリップ型ケース


アスキースマホ総研の期待と妄想

・iPhone 6という製品名ではないかも!
・「iPhone Pro」「iPhone mini」「iPhone Classic」!?
・魅力的な純正ケースが出るとうれしい!


(次ページでは、「ハードウェアの新機能はどうなる」)

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン