このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

最新端末を丸裸! スマートフォン定点観測 第88回

Xperia Z2、GALAXY S5、AQUOS Xxのバッテリーの持ちを確認!

2014年06月30日 12時00分更新

文● 小林 誠、ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

UIがさらにわかりやすく進化
4K動画の再生も面白いAQUOS Xx

 AQUOS XxのFeel UXは3ラインホームが2ラインになり、従来よりわかりやすい画面に。より一般的な操作系であるSHホームの画面にも切り替えられる。

シャープ独自の3ラインホームは、よりシンプルな2ラインホームに

 音楽プレーヤーにはワイヤレスでも音質が良いBluetooth aptXや、DTS Soundにも対応。動画の再生時には4K動画を再生すると、ピンチアウトで動画を拡大して細部まで見ることが可能だ。

4K動画の再生時はズームでより細かな部分まで見ることができる

 ワンハンドUIなどの片手操作や新機能といった、あまりなじみがない機能については、「体験しよう!」というアプリで使い方を簡単にマスターできる。カメラチェックのときにも書いたが、初心者でも扱いやすいのがAQUOSと言える。

他機種ではあまりない、AQUOS独自機能については専用アプリで使い方を教えてくれる


総合優勝はXperia Z2
スタミナ面でも手応えアリ

 3機種とも最後まで非常に差が出にくいテスト結果だった。そのなかで総合優勝としたのはXperia Z2。これまでのXperiaシリーズは、バッテリー容量を大型化した端末こそあれ、実際のスタミナテストの結果はいまひとつだった。それが今回はGALAXYとAQUOSという、過去にも優秀な成績を残す2シリーズと肩を並べてきた。

 もっとも、GALAXY S5、AQUOS Xxも結果自体はほとんど変わらない。ただ通信速度に強いこだわりがあるGALAXY S5は、ヘビーユーザー寄り。誰でも簡単に機能を使いこなせるという意味ではAQUOS Xxは、高機能でありながら初心者にも優しいスマホと言えるだろう。

 次回からは夏モデル第2弾として、AQUOS ZETA、ARROWS NX、Xperia ZL2を比較する。またもAQUOSとXperiaシリーズから強力なスマホが参戦し、そこにこれまた高性能なARROWSの新型が加わる。今回同様ハイレベルな接戦となるはずだ。


前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン