このページの本文へ

タブレットも使える

インテル、スマホのバッテリーを長持ちさせるアプリ「Battery Optimizer」

2015年03月17日 19時55分更新

文● ナカムラ/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
スマートフォン/タブレット向けバッテリー節約アプリ「Battery Optimizer」。

 Intel Security(マカフィー)は3月16日(現地時間)、Androidスマートフォン/タブレット向けバッテリー節約アプリ「Battery Optimizer」をリリースした。Google Playで無料でダウンロードできる。

 Battery Optimizerは、バッテリーの無駄遣いの原因となっているアプリを終了するように通知し、優先度の低い機能をオフにしたり画面の明るさを調節することで、バッテリーの消耗を防ぐ。バッテリーが少なくなった時には、優先度の低いアプリを終了し、緊急のメールや電話を受け取れるようにする。

 バッテリーの使用状況・待機時間・残り時間がリアルタイムで把握できるほか、無駄なアプリを終了することで得られるバッテリー残り時間(推定)を表示する。

 7ヶ国語に対応するが、日本語には未対応。対応OSはAndroid 2.3 以上。

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン