このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

高機能カメラアプリ「Camera Awesome」を搭載

収納できる専用スタイラスが便利。高性能7型タブレット「HP Slate7 Extreme」

2014年03月11日 11時00分更新

文● 石井英男

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

コンパクトカメラをしのぐような高機能カメラアプリ

 カメラ機能が充実していることも、「HP Slate7 Extreme」 iconの魅力だ。前面にVGA解像度のWebカメラ、背面に約500万画素カメラを搭載している。カメラセンサー自体は他のタブレットと比べても突出しているわけではないが、標準搭載されているカメラアプリ「Camera Awesome」が高機能なのだ。HDR撮影機能や追尾オートフォーカス機能、スローモーション動画撮影機能(ハイスピード撮影)などを備えるほか、水準器表示機能も便利だ。さらに、インターバル撮影機能や連続撮影機能、パノラマ撮影機能なども搭載しているので、さまざまな場面で活躍できる。露出ポイントと合焦ポイントを別々に指定できるのもユニークだ。機能的には、コンパクトデジカメを上回っているといえるだろう。

Camera Awesomeには水準器機能があり、撮影時に傾いていないかがすぐにわかる。中央の横線が水準線を表している。水平になっていない場合(左)、水平になると、横線が黄緑色に光る(右)

Tegra 4に最適化されたゲームがスゴイ

 「HP Slate7 Extreme」 iconに搭載されているTegra 4は、72コアのGPUコアを内蔵しており、高い3D描画性能を誇る。TegraZoneゲームと呼ばれるポータルアプリから、Tegraシリーズに最適化されたゲームをダウンロードすることで、Tegra 4ならではの美しい映像でゲームを楽しむことができる。例えば、FPSゲームの「Dead Trigger 2」では、自動的にグラフィックが「超高」に設定されるが、他のCPUを搭載したタブレットでは、超高という選択肢が出てこない。Tegra 4の性能をフルに活かすゲームなら、最新携帯ゲーム機と同等以上のクオリティでプレイを楽しめるのだ。

ポータルアプリの「TegraZoneゲーム」がプリインストールされている
TegraZoneゲームからダウンロードした「Dead Trigger 2」の設定画面。自動的にグラフィックが「超高」に設定される(Tegra 4搭載機以外では超高の設定はできない)
Dead Trigger 2のプレイ画面。地面の水たまりへの反射表現や光の拡散など、非常に高画質だ

HP独自アプリも魅力

 さらに、HP独自アプリとして、ファイル管理アプリ「HP File Manager」や外出先からインターネット経由で家庭内のプリンタに印刷できる「HP ePrint」などもプリインストールされている。「HP ePrint」は、HP製プリンタとの組み合わせで利用するアプリで、プリンタにメールアドレスを割り当て、そのアドレス宛にファイルを送るだけで、印刷が可能になるというものだ。

HP独自アプリとして「HP ePrint」がプリインストールされている

7型Androidタブレットの決定版

 現在、7型クラスのAndroidタブレットは、各社から新製品が続々登場しており、激戦区となっている。Tegra 4を搭載した「HP Slate7 Extremeiconは、その中でもトップクラスの性能と機能を誇り、7型Androidタブレットとしての完成度は非常に高い。電車での移動が多い日本人にとって、片手で気軽に持てる7型タブレットは、使い勝手のよいフォームファクターである。

 「HP Slate7 Extremeiconは、スタイラスや高音質ステレオスピーカー、高画質液晶などを備えており、特にエンターテイメント機能が充実している。もちろん、素早くメモが可能なスタイラスはビジネスシーンでも役立つ場面が多い。仕事からプライベートまで、さまざまな用途に対応できるタブレットが欲しいという人に最適な製品といえるだろう。

日本ヒューレット・パッカードは、「Slate7 Extreme」以外にもキーボード分離型や画面を「ひねる」タブレットも用意する(画面をクリックすると、同社タブレット情報ページに飛びます)
HP Directplus オンラインストア

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ