このページの本文へ

OSにWindows 8.1 Updateを採用

フルHDでタッチ対応!奥行18cmの一体型PC「HP Pavilion 22 TouchSmart」

2014年05月19日 11時00分更新

文● 鈴木誠史/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
水冷CPUクーラーを搭載するデスクトップPC「HP ENVY Phoenix 810-290jp/CT」)

 日本ヒューレット・パッカードは5月19日、タッチ対応の一体型PC「HP Pavilion 22 TouchSmart」を発表した。価格は6万9800円(税別)。

 「HP Pavilion 22 TouchSmart」は、奥行約18cmのスリムデザインが特徴。タッチ対応の21.5型フルHD光沢ディスプレーを搭載する。標準スペックは、CPUがPentium G3220T。メモリーが4GBで、ストレージが500GB HDDという構成となる。夏モデルでは新たにWindows 8.1 UpdateをOSに採用した。

 また、オプションで「Adobe Photoshop Elements 12 & Adobe Premiere Elements 12」の搭載と、「マカフィー リブセーフ 1、2、3年有償版」の同時購入が可能。

 本製品はBTOに対応しており、CPUやメモリー、ストレージなどをアップグレードできる。5月19日より、直販サイト「HP Directplus」にて発売を開始する。

カテゴリートップへ