このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

NECダイレクトモデルは「LaVie G タイプZ」

LaVie Zの軽さは驚異的! バリバリ作業をこなす人のビジネスノートをレビュー

2014年01月20日 11時00分更新

文● 高橋量

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 現在においてもっとも軽いWindowsマシンは、8インチクラスのタブレットだ。だが仕事の生産性という面においては、大きな液晶ディスプレーと物理キーボードを搭載したクラムシェル型ノートに軍配が上がる。基本的に携帯性と生産性はトレードオフの関係にあるもの。だがどちらの面も妥協したくないという人は、NECパーソナルコンピュータの「LaVie Z」(NECダイレクトモデルは「LaVie G タイプZ」)を選ぶべきだろう。

軽量&高性能なNECパーソナルコンピュータのクラムシェル型ノート「LaVie Z」

 液晶ディスプレイには2560×1440ドット(WQHD)表示が可能なIGZOパネルを採用し、Core i7-4500U(1.80GHz)またはCore i5-4200U(1.60GHz)のパワフルなCPUを搭載している。さらに使いやすいキーボードとタッチパッドが付いているのにもかかわらず重量はわずか795gで、持ち運びやすさは10~11インチのタブレットと同レベル。「LaVie Z」はまさに携帯性と生産性を兼ね備えたモバイルノートなのだ。

主なスペック
製品名 LaVie Z
型名 PC-LZ750NSB(試用機) PC-LZ550NSB
店頭想定価格 オープンプライス(店頭想定価格18万5000円前後) オープンプライス(店頭想定価格16万円前後)
CPU Intel Core i7-4500U(1.80GHz) Intel Core i5-4200U(1.60GHz)
メインメモリー(最大) 4GB PC3L-12800(4GB)
ディスプレー(最大解像度) IGZOパネル採用、13.3型(2560×1440ドット)
グラフィックス機能 Intel HD Graphics 4400(CPU内蔵)
ストレージ 約256GB SSD 約128GB SSD
光学式ドライブ -
通信機能 無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n/ac)、Wi-Fi Direct対応
インターフェース USB 3.0端子×2、HDMI端子、Bluetooth 4.0、92万画素ウェブカメラ
カードスロット SD/SDHC/SDXC対応メモリーカードスロット
テレビ機能 -
サウンド機能 ステレオスピーカー(1W+1W)
本体サイズ/重量 約幅319×奥行き217×高さ14.9mm/約795g
バッテリー駆動時間 約9.2時間
オフィスソフト Microsoft Office Home and Business 2013
OS Windows 8.1(64bit)


NEC Direct(NECダイレクト)


 

(次ページ、「タブレットをしのぐ持ち運びやすさ!」に続く)

前へ 1 2 3 4 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン