このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

出張にも“使える”、12.8mm厚の15型Ultrabook「LaVie G タイプX」

2013年09月20日 11時00分更新

文● 林 佑樹(@necamax

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 すっかりカテゴリーとして定着したUltrabook。国内では11.6〜13.3型、海外では14型が人気といったところで、十分なスペックと確保されたバッテリー駆動時間、かつ価格もハイスペックノートPCよりも安く、オフィスワーク程度の負荷ならば問題のない機種が多く登場している。Ultrabookの条件は世代ごとで変化しており、現在は第3世代でHaswell搭載が基本条件だ。

 今回紹介する「LaVie G タイプX 」(「LaVie X」の直販モデル)は、第2世代Ultrabookに属し、厚さ21mm以下、バッテリー駆動5時間以上などの条件を満たした機種になる。最大のポイントは15.6型ながら、厚さ12.8㎜/約1.59kgと薄型化と軽量化に成功していることだ。そのため、オフィス内での持ち運びが多い場合も、出張族的にホテルでの作業が多い場合も作業性を維持したまま、大画面というメリットを享受できる。またキャリングケースに入れて、出先での作業は大画面で効率よくというユーザーにも適しているだろう。

15.6型のLaVie G タイプX。「15.6型」のイメージを覆す薄さが魅力だ

主なスペック
製品名 LaVie G タイプX
型名 GL2062/JW
価格 17万5000円前後
CPU Intel Core i7-3537U(2GHz)
チップセット Mobile Intel QS77 Express
メインメモリー(最大) 4GB(4GB)
ディスプレー(最大解像度) 15.6型IPS液晶(1920×1080ドット)
グラフィックス機能 Intel HD Graphics 4000(CPU内蔵)
ストレージ 約128GB/約256GB SSD
光学式ドライブ オプション
通信機能 無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n)、Wi-FI Direct対応
インターフェース USB 3.0端子×2、HDMI端子、Bluetooth 4.0+HS、WiDi、92万画素ウェブカメラ
カードスロット SD/SDHC/SDXC対応メモリーカードスロット
テレビ機能
サウンド機能 ステレオスピーカー、ステレオマイク、ヘッドホン/ライン出力
本体サイズ/重量 約幅375×奥行き255×高さ12.8mm/ 約1.59kg
バッテリー駆動時間 約7時間
オフィスソフト Microsoft Office Personal 2013/Home and Business 2013
OS Windows 8/Pro(すべて64bit)
NEC Direct(NECダイレクト)

NEC Direct(NECダイレクト)

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中

今月のピックアップ動画