このページの本文へ

SDNコントローラーやIMCプラグイン、仮想ルーターを市場投入

作りたい人も、使いたい人も!HP、SDNコントローラーなど投入

2013年12月18日 06時00分更新

文● 大谷イビサ/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

12月17日、日本ヒューレット・パッカードはSDN(Software-Defined Network)への取り込みを強化。SDN制御ソフトウェアである「HP VAN SDN Controller」のほか、統合管理ソフトウェアのプラグイン、ソフトウェア版の仮想ルーターなどを発表した。

10万円を切る「HP VAN SDN Controller」

 今回発表された「HP VAN SDN Controller」は、アプリケーション側からSDN対応のネットワークを制御するSDNコントローラー。上位のアプリケーション/オーケストレーターに向けた外部用APIとしてRESTfulのNorthbound API、ネットワーク制御を行なうアプリケーションをSDN対応させる内部連携用のNative APIの2種類が用意される。Southbound APIとしては、OpenFlow 1.0/1.3対応のスイッチで利用できる。

HP VAN SDN Controller

 HP VAN SDN Controllerはマルチテナントを前提としたデータセンターやNFVを前提としたサービスプロバイダー、ユニファイドコミュニケーションやVDIを利用するキャンパスネットワークなどの用途を想定している。50ノードのライセンスを含む1台のコントローラーライセンスは9万4500円(税込)、ベースライセンスへの50ノード追加ライセンスが85万500円(税込)となっている。

 あわせてサンプルコードや開発者向けガイド、シミュレーターまで含めたHP SDN開発キットを提供するほか、2014年上半期にはSDNアプリケーションストアの開設する予定も明らかにされた。アプリケーションとの連携や管理、監視、セキュリティ、オーケストレーションなどさまざまなジャンルでのSDNアプリが提供される予定となっている。

HP Virtual Services Routerの概要

IMCもSDNフレンドリーに!仮想ルーターも提供

 また、ネットワーク管理ツール「HP Intelligent Management Center(HP IMC)」のプラグインとして、SDNの可視化をすべてのレイヤーで提供する「HP VAN SDN Manager」とSPB(Shortest Path Bridging)やTRILL(TRansparent Interconnection of Lots of Links)、HP IRFなどのネットワークファブリックを統合管理する「HP VAN Fabric Manager」を追加した。

 さらにVMwareやKVM上で動作する仮想ルーターである「HP Virtual Services Router(VSR)シリーズ」も発表された。同社のルーターのソフトウェアであるComware 7の機能をフルサポートしており、ルーティングやMPLS、セキュリティ、QoS、HA、管理などさまざまな機能を持っている。提供フォーマットはISO、OVA、IPEなど。仮想CPUの個数でライセンス形態が違っており、処理能力に応じて3つのモデルが用意されている。

HP Virtual Services Routerの概要

 発表会に登壇した日本ヒューレット・パッカード HPネットワーク事業統括本部 HPネットワーク製品・オペレーション部 尾﨑亨氏は、今回の製品について「年間を通じてお客様と話すと、SDNには作りたい人だけではなく、使いたい人の2種類がいることがわかった」と述べ、単にSDNを構築する側だけではなく、SDNを使う企業向けのSDN App StoreやIMCのSDN用プラグインを投入したと説明。また、ハードウェアだけではなく、ソフトウェアも市場に積極的に投入し、SDNのエコシステムの形成に寄与していくと語った。

日本ヒューレット・パッカード HPネットワーク事業統括本部 HPネットワーク製品・オペレーション部 尾﨑亨氏

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ