このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

高橋暁子の「意外と知らない!? 業界ランキング」第2回

国内市場は依然成長の見込み&圧倒的強さのLINE

連載第2回はソシャゲー! 「意外と知らない!? 業界ランキング」

2013年11月25日 09時00分更新

文● 高橋暁子

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 『そういえば、あの業界のシェアは結局どこが一番多いんだっけ……?』
 そんな疑問を抱いたことがあるすべてのビジネスマンに捧ぐ連載。仕事でも利用できる業界ランキングや業界地図を私、高橋暁子が手っ取り早く紹介します。

著者紹介:高橋暁子

 ITジャーナリスト、コンサルタント。書籍、雑誌、Webメディアなどの記事の執筆、企業などのコンサルタント、講演、セミナーなどを手がける。小学校教員、編集者を経て現在に至る。最新刊『スマホ×ソーシャルで儲かる会社に変わる本』の他、『Facebook×Twitterで儲かる会社に変わる本』『図解 一目でわかるITプラットフォーム』(以上、日本実業出版社)、『ネット業界 儲けのカラクリ』(中経出版)など著作多数。http://akiakatsuki.com/ Twitterアカウントは@akiakatsuki

■Amazon.co.jpで購入

 これまでゲームをするにはゲーム機本体とゲームソフトが必要だったのに対し、ソーシャルゲームは携帯電話やスマートフォン、PCさえあれば基本無料で始められるため、ライトユーザーを中心に広がった。アイテム課金という新しいビジネスモデルも大いに注目された。

 テレビでもソーシャルゲーム会社のCMが目立ち、続々と新規参入するベンチャー企業が相次ぎ、飛ぶ鳥を落とす勢いだったのは数年前のこと。

 2012年5月に景品表示法に抵触する可能性が消費者庁より指摘された、いわゆる「コンプガチャ」問題からその勢いに陰りが出たように見えるが、現状はどうなのだろうか。日本と米国のソーシャルゲーム事情やシェアを見てみよう。

依然伸びているソーシャルゲーム国内市場

 ゲームエイジ総研による2012年ソーシャルゲーム市場調査レポートによると、ソーシャルゲーム市場は急激な拡大基調にあり、2011年の2669億円から169%増の4351億円となっている。使用端末については、スマートフォンが18%と伸びているが、フィーチャーフォンが79.5%と依然圧倒的なシェアを誇っている。

 さらに、株式会社矢野経済研究所の「ソーシャルゲーム市場に関する調査結果 2012」によると、2013年度のソーシャルゲーム国内市場規模は前年度比110%の4256億円と予測(2012年は3870億円と予測)。成長率自体は鈍化するも、安定した市場拡大が見込めると分析している。

 コンプリートガチャ問題等の影響で、それまでの急成長こそ鈍化したが、実は市場自体は依然拡大傾向にあるのだ。使用端末についても、意外かもしれないが、まだまだフィーチャーフォンは健在なのだ。

圧倒的強さのLINE!「LINE>GREE+Mobage」

 いよいよ、気になる国内のソーシャルゲームシェアを見ていこう。

 MMD研究所の「スマートフォンゲームに関する調査(課金編)」(2013年8月)によると、スマートフォンゲーム利用者にスマートフォンゲームプラットフォームサービスの利用状況について聞いたところ、「現在利用している」という回答がもっとも多かったのは「LINE(38.1%)」だった。

 以下「Mobage」16.3%、「Ameba」14.6%、「GREE」11.5%、「mixi」9.2%と続いた。つまり、LINE利用者は全体の4割に上り、ソーシャルゲームの二強と言われたMobage・GREEをあわせた以上のシェアを獲得しているというわけだ。

 次に、Google Playにおけるシェア状況を見てみよう。「Social Game Info」によると、2013年6月時点でのGoogle Play売上トップ50のパブリッシャーは、1位は9本入っているLINEが18%と約2割を占めている。以降、5本のコロプラ(10%)、4本のGゲー(8%)、3本で同率のバンダイナムコゲームスとポケラボ・セガネットワークス(各6%)となっている。

 なお、パズドラで知られるガンホーやGREEは2本(各4%)、MobageのDeNAは1本だ。LINEが上位2割を占めていると考えるとなかなかすごい。いずれのデータからも、LINEの圧倒的強さがよく分かる。

 人気のパズドラは2012年2月開始(iOS版のみ。Android版は同年9月)であり、LINEで一番人気のLINE POPは2012年11月に開始している。いずれもまだ開始以来1~2年以内。ソーシャルゲームの人気は流行廃りが大きく、流行すればあっという間に市場を席巻できる可能性があるというわけだ。

スマートフォンゲームプラットフォーム利用状況(MMD研究所調べ)
現在利用している 過去に利用したことがある 利用したことはない サービスを登録していない
LINE 38.1% 11.7% 16.3% 33.8%
Mobage 16.3% 16.3% 10% 57.3%
Ameba 14.6% 11.7% 16.6% 57%
GREE 11.5% 22.1% 11.5% 55%
mixi 9.2% 14.9% 20.6% 55.3%

前へ 1 2 次へ

この連載の記事
最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ