このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

4Kより安価で、4K画質に迫る! 最新テレビ&BDレコ 第3回

REGZA Z8とソニーBDレコで究極のアニメ画質を追求!?

2013年11月14日 12時00分更新

文● 鳥居一豊

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 前回までで、ある意味最強な画質のフルHDテレビとBlu-ray Discレコーダーを紹介したが、それら最新薄型テレビと最新BDレコを組み合わせたら、4Kに迫る“最強のフルHD”が実現できるのではないだろうか? そこで今回は、両者を組み合わせた究極のフルHD画質に挑戦していく。

東芝の「REGZA Z8」とソニー「BDZ-ET2100」を組み合わせてみた

 今回使用する薄型テレビは東芝「REGZA 47Z8」、BDレコはソニー「BDZ-ET2100」だ。どちらも4Kには非対応だ。この両者を組み合わせ、最高の画質を追求していく。

フルHDテレビでも4Kモードは有効か!?

 まず最初に、一番気になるであろうこと――フルHDテレビにBDレコの4K用画質モードで映像を表示した場合、それが有効であるかを試してみた。

 具体的には、BDZ-ET2100の画質モードで、フルHDテレビ用の「スタンダード」と「4Kテレビ」、参考のため「BDシネマ(4Kテレビ)」をREGZA Z8に表示して比較してみた。個々の高画質機能や調整方法は後述する。

BDレコ側の画質モードで「スタンダード」(写真左)、「4Kテレビ」(写真中央)を比較。芝生の細かさがかなり変わっている

参考までに「BDシネマ(4K)」も比較。さらに芝目が細かく見える

参考までに「BDシネマ(4K)」も比較。さらに芝目が細かく見える

 同じREGZA Z8で表示しているにも関わらず、スタンダードと4Kテレビでは芝生の細かさがかなり違っていることがわかる。

 これでフルHDテレビが4Kテレビに化けるわけではないが、4Kテレビ向けの画質モードを使うと、フルHDテレビでもより精細感の高い映像になることがわかった。

 BDシネマ(4K)は暗部や中間調の再現も変化しているため、厳密は比較はしにくいのだが、高品質ソースを想定した画質設定のため、4Kテレビモードよりもさらに芝生のディテールが細かく見える。

 これはなかなかのもので、これに加えて、テレビ側で基本的な画質調整(明るさや暗部再現、色再現のバランスなど)をきちんと追い込めば、かなりのレベルの映像が得られるだろう。これならば当分は4Kテレビはいらない(かも)。

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中

今月のピックアップ動画