このページの本文へ

4Kより安価で、4K画質に迫る! 最新テレビ&BDレコ 第2回

最新BDレコはフルHDテレビで4K画質を堪能できる!?

2013年11月13日 12時00分更新

文● 鳥居一豊

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

4Kアップコンバート対応モデルを大幅に増強!!
パナソニック「DMR-BZT9600」

パナソニックのBDレコ最上位モデル「DMR-BZT9600」

パナソニックのBDレコ最上位モデル「DMR-BZT9600」

 パナソニックのBDレコは、現行11モデルのうち5モデルが4K(24/30p)アップコンバート機能を搭載しており、4Kテレビへの対応を本格的に進めている。さらに最上位モデルの「DMR-BZT9600」(HDD容量3TB 実売価格 40万円前後)は、HDMI 2.0対応で4K/60pのアップコンバート機能を備えている。

 ラインナップを紹介すると、3チューナー搭載機が前述のDMR-BZT9600と「DMR-BZT860」(HDD容量3TB 実売価格14万8000円前後)、「DMR-BZT760」(HDD容量2TB 実売価格10万8000円前後)の3機種。

 2チューナー機は「DMR-BWT660」(HDD容量1TB 実売価格6万4000円前後)、「DMR-BWT560」(HDD容量500GB 実売価格6万3800円前後)、シングルチューナー機は「DMR-BRT260」(HDD容量 500GB 実売価格 5万4800円)となっている。このほか、6チャンネルの全録が可能な「DMR-BXT3000」など、今春発売の継続機種がいくつかある。

 なお、上記のうち2チューナー以上を搭載するモデルが4Kアップコンバート対応機種となる。

4Kに対応した画像処理エンジン「新ユニフィエ」

4Kに対応した画像処理エンジン「新ユニフィエ」

 画質面では、処理速度の向上を果たしたシステムLSI「新ユニフィエ」を採用。長時間録画のための「アドバンスドAVCエンコーダー」や色再現性を高める「リアルクロマプロセッサ」も改善が図られ、より高画質での録画・再生ができるようになっている。

 また、画質面では「シネマ」や「アニメ」などの画質モードを自動的に切り替える「オート」モードを新設し、より使い勝手を向上している。 

「おまかせ録画設定」で複数のキーワード登録が可能になった

「おまかせ録画設定」で複数のキーワード登録が可能になった

 このほか、キーワードなどの登録で自動的に番組を録画する自動録画が改善。複数のキーワードや、除外ワードの登録が可能になり、録画対象となる番組を絞り込んで設定できるようになった。

DMR-BZT9600の背面端子類。HDMIはメインとサブを2系統を装備。音声出力としてバランス端子を装備するのも特徴だ

DMR-BZT9600の背面端子類。HDMIはメインとサブを2系統を装備。音声出力としてバランス端子を装備するのも特徴だ

 画質・音質だけでなく、わかりやすい設定メニューなどにより、使い勝手の点でも優れるパナソニックは、言わば4K時代を見据えた王道的な進化を果たしたと言える。

カテゴリートップへ

この連載の記事

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中

今月のピックアップ動画