このページの本文へ

ロケフリ復活!? ソニーのBDレコとスマホアプリで外出先視聴が可能に!

2014年03月25日 10時10分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
イメージ
お手持ちのソニーBDレコとスマホ/タブレットでロケフリ的なことができる!?

 ソニーがBlu-ray Discレコーダーおよびスマートフォンアプリのソフトウェアアップデートを行ない、外出先(LAN外)での録画/ライブ番組の視聴に対応すると発表した。BDレコとスマホ/タブレットの組み合わせで「ロケーションフリー」の使い勝手を実現する。

 BDレコーダーは2013年発売モデルが対象で、スマホ/タブレットは「TV SideView」の導入が可能なAndroid 4.0.3以降の機種が対応となる。

「TV SideView」で番組表を表示
「TV SideView」で番組表を表示
事前に機器登録が必要 登録の過程で有料のプラグインをGoogle Playで購入する必要がある
事前に機器登録が必要登録の過程で有料のプラグインをGoogle Playで購入する必要がある

 アップデートは本日から提供開始予定で、TV SideViewの新機能(外出先でのテレビ視聴)の利用は有料(500円)となる。

 アップデートでスマホから試聴可能になるのは、BDレコーダーで録画した番組と、BDレコーダーで受信可能な地上デジタル(ローカル局含む)、WOWOWとディズニーチャンネルを除くBSデジタルのライブ放送。CSデジタル放送はTV SideViewの番組表が対応しないため、非対応となる。また、BDレコーダー「BDZ-E510」を使用する場合は録画番組の視聴のみとなる(ライブ放送には非対応)。

 技術的にはDTCP+と独自のNAT越えサービスを組み合わせており、国内はもちろん海外からも自宅のBDレコの映像を視聴できる。

画質を3段階から選択可能 画質を3段階から選択可能

 画質は720p(3.5Mbps)/360p(1.32Mbps)/180p(650kbps)の3段階から選べ、回線状況に合わせてチョイスできる。BDレコーダーとスマホは各々登録が必要で、登録できる台数はどちらも6台までとなる。なお、同時に接続できるBDレコとスマホは1対のみだ。

 なお、TV SideViewでは「ワイヤレスおでかけ転送」や「外から録画予約」には非対応で、これらの機能を使うには「Twonky Beam」や「CHAN-TORU」といったアプリを利用する必要がある。

 ただし、4月下旬に予定されているTV SideViewのアップデートにより、これらの機能がすべて内包される予定。また、iOSデバイスでもAndroidと同等の機能が実現可能となる(対象となるのはiOS 6.0以上のiPhone 4S/iPad 2以降のモデル)。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン