このページの本文へ

デザインも使い勝手も最高クラス!「XPS 13 Ultrabook」ロードテスト最終回

ロードテストもいよいよ最終回

デル最強のUltrabook「XPS 13」の魅力をおさらいする

2013年10月01日 11時00分更新

文● 高橋量

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 11回にわたってお届けしてきた「XPS 13 Ultrabook」ロードテストもいよいよ最終回。これまで性能やバッテリー駆動時間をベンチマークでテストしたり、外出先で使ってみたりなどさまざまな検証を行なってきたが、ラストとなる今回はXPS 13の魅力について改めておさらいしようと思う。「使えるUltrabook」を探している人は、ぜひ参考にしていただきたい。

13.3型フルHD液晶ディスプレーを搭載した「XPS 13 Ultrabook」。直販サイトではCore i7搭載モデルやWindows7モデルも用意されている
試用機の主なスペック
製品名 XPS 13プレミアム・大容量メモリ・フルHD液晶
CPU Intel Core i5-3337U(1.8GHz)
メインメモリー 8GB DDR3L 1600MHz
ディスプレー 13.3型ワイド IPS液晶(1920×1080ドット)
グラフィックス機能 Intel HD Graphics 4000(CPU内蔵)
ストレージ 256GB SSD
インターフェース Mini DisplayPort端子、USB 3.0端子×2、Bluetooth 4.0、130万画素カメラ
本体サイズ/重量 幅316×奥行き205×高さ6~18mm/約1.36kg(最小構成時)
OS Windows 8 64bit

実用的に使える十分なスペック

 XPS 13には、パーツ構成や異なる9種類のモデルが用意されている。そのうちWindows 8搭載モデルは5種類で、残りの4種類はWindows7搭載モデルだ。以前に紹介したラインナップ(http://ascii.jp/elem/000/000/786/786568/index-2.html)とは微妙に変わっていることがわかる。狙い目はメモリやSSD容量の多いフルHD液晶搭載モデル。これから使い続けることを考えれば、値段は高くても長期間快適に使える高性能モデルを選んだほうが、結果的にお得だろう。

おもなモデルのスペックの違い(Windows 8搭載機)
 XPS 13 プレミアムXPS 13 プレミアム・フルHD液晶XPS 13 プラチナ・フルHD液晶XPS 13 プラチナ・大容量SSD・フルHD液晶
CPUCore i5-3337U(1.8GHz)Core i5-3337U(1.8GHz)Core i7-3537U(2GHz)Core i7-3537U(2GHz)
ストレージ128GB SSD128GB SSD256GB SSD512GB SSD
メモリ4GB8GB8GB8GB
ディスプレー13.3型ワイド(1366×768ドット)13.3型ワイド(1920×1080ドット)13.3型ワイド(1920×1080ドット)13.3型ワイド(1920×1080ドット)

 おすすめは、値段もスペックも手頃な「XPS 13 プレミアム・フルHD液晶」モデルだ。CPUにはCore i5-3337U(1.8GHz)を採用し、メモリも8GBと長期間使うには十分な容量を備えている。SSDの容量については256GBとそれほど多いわけではないが、搭載容量を増やすよりもクラウドストレージや外付けHDDを利用したほうがコストは安く、マシンの故障など万が一の時にも対応できる。

直販サイト「デルオンラインストア」で取り扱われているXPS 13のモデル

 ちょっと気になるのは、CPUがIvy Bridge世代とやや古い点だ。現在は消費電力性能とグラフィックス性能が向上したHaswell世代が主流であることを考えると、購入に踏み切れない人もいるかもしれない。

 だが現行のXPS 13でも、公称のバッテリー駆動時間は8時間53分と十分なスタミナだ。第4回のレビュー(http://ascii.jp/elem/000/000/794/794733/index-3.html)でも紹介したが、無線LAN経由でネットにアクセスした場合の駆動時間は6時間4分とまったく問題ないレベルだ。

XPS 13のバッテリー残量の推移を示すグラフ。XPS 13には2種類の省電力プランが用意されているが、それぞれの性能に大差はないことがわかる

 グラフィックス性能についても関係するのはゲームについてで、ビジネスや日常的な操作にはほとんど影響ない。たまに息抜きで遊ぶ程度なら、解像度や画質を調整することでプレーできる実力も持っている。第9回のレビュー(http://ascii.jp/elem/000/000/815/815418/)でも紹介したように、話題のビッグタイトルも問題なく遊べる。

「ドラゴンクエストXベンチマークソフト Ver.1.00」のテストでは、標準設定で「3074」の「普通」という結果に
「ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア ベンチマーク キャラクター編」のテストでは、標準設定で「2756」の「やや快適」という結果だった

 Ultrabookとしては総合的なマシン性能が高い点にも注目したい。Windows 8の快適さを表わす指針「Windowsエクスペリエンスインデックス」では、全体的に高いスコアをマークしている。唯一「グラフィックス」が「5.5」と低めだが、これはデスクトップの描画性能を表わす指針なので気にする必要はない。より詳細なマシン性能を計測する「PCMark7」でも、なかなかの好スコアが出ていた。

試用機の「Windowsエクスペリエンスインデックス」スコア
「PCMark7 v1.4.0」のベンチマーク結果

 第2回のレビュー(http://ascii.jp/elem/000/000/786/786568/index-3.html)でも触れたが、マシンの快適さはメモリとストレージの性能に大きく影響される。高性能なパーツを搭載しているXPS 13だからこその結果といえるだろう。

質感の高さと使い勝手の良さが光るデザイン

 機能美を追求したデザインも、XPS 13の魅力の1つだ。フットプリントは幅316×奥行き205mmでほぼA4サイズ。13.3型ノートとしてはコンパクトな部類だ。高さは最厚部で18mmと数値上はそれほど薄くはない。しかし最薄部で6mmと非常にシャープで、実際に手にしてみると厚さは気にならず、かなりスリムな印象を受ける。重量は約1.36kgと、ほどほどだ。

XPS 13の前面部分。液晶ディスプレー部分の高さは約3mmと極薄。全体的にも非常にスリムだ
本体を側面から見ると、ゴム足の影響もあってやや厚めに見える。だが底面から端に向かって徐々に薄くなるデザインによって、実際に手にしたときに厚さはほとんど感じられない

 XPS 13の天板部分には、削り出しのアルミ素材が使われている。光沢を抑えた表面加工により、シルバーという派手めのボディカラーでありながら、落ち着いた風合いのあるデザインだ。底面部分には軽さと高い剛性を兼ね備えたカーボンファイバーを利用。全体的に質感が非常に高く、高級感のあるボディだ。プライベートはもちろん、ビジネスシーンでのりようにもマッチするだろう。第1回のレビュー(http://ascii.jp/elem/000/000/781/781915/index-2.html)でより詳しく紹介しているので、参考にしていただきたい。

XPS 13の底面部分。カーボンファイバーによる格子状のテクスチャーが印象的だ

 13.3型ノートでありながら、キーピッチ約19mmとフルサイズ並みの大きなキーを搭載している点もポイント。キーストロークは実測値で1.2~1.4mmとやや浅めだが、しっかりとしたタイプ感があり、使い心地は悪くない。

テンキーなしの84キー日本語配列キーボードを採用。オプションとして英字配列キーボードも用意されている
キーボードバックライトを搭載しているので、暗い屋内でも間違えることなくキー入力が可能だ

 使い始めて気になったのは、Enterキーが小さい点だった。英字キーが十分なサイズであるだけに、少々残念なところである。もっとも、そのうちにそれほど気にならなくなったので、慣れの問題ではあるのだろう。

 およそ半年間ほどXPS 13を使い続けてみたが、デザインに関しての不満はまったくない。むしろ、人に見せびらかすために外に持ち歩きたいと思うほどだ。あえて改善してほしい点を上げるなら、もう少し軽ければと思う。1kg前後になればもっと持ち運びが楽になると思うのだが、どうだろうか。

フルHD液晶ディスプレーで作業効率が大幅にアップ

 作業効率を重視するなら、広いデスクトップが欠かせない。XPS 13は1920×1080ドットのフルHD表示が可能な液晶ディスプレーを採用しているため、十分な作業スペースが確保されている。ファイルのドラッグ&ドロップや複数のウィンドウを同時に開くなど、ダイナミックな操作も楽ラクだ。

フルHDで精細な表示が可能な液晶ディスプレー

 高解像度ディスプレーでは1画面あたりの情報量が多いというメリットもある。たとえばノートで一般的な1366×768ドットの表示とXPS 13が対応する1920×1080ドットのフルHD表示を比べたとき、表示できるデータ量に大きな差があることがわかる。

1920×1080ドット表示でのExcelの画面
1366×768ドット表示でのExcelの画面。フルHD表示に比べて3割程度のデータしか表示できていない

 フルHD環境は写真編集や動画編集にも有利だ。デスクトップが広いことで編集領域も拡大し、全体像を確認しながらの作業が容易となる。

「Photshop Elements 11」で写真を編集しているところ。編集領域が広いのでスムーズに作業できる

 製品によっては解像度の低いノートもあるが、作業のしやすさを追求するなら高解像度のディスプレーは欠かせないと思う。狭いデスクトップで忙しく操作するよりも、広いデスクトップで悠々と操作するほうがストレスもたまりにくい。ドットピッチが狭くなることで文字が小さくて読みづらいという向きもあるが、Windowsの設定で文字サイズを変えれば問題ないだろう。

 強いていうなら、タッチ機能に対応していない点が残念だ。デスクトップが広いとマウスカーソルを探したり移動するのにやや手間取ることもあるが、タッチ対応機ならダイレクトかつ直感的に操作できる。XPS 13ではタッチ機能対応モデルがないので、今後の展開に期待したい。

XPS 13はカッコよくて「使える」Ultrabookだ

 XPS 13を半年間使って感じたのは、確かな実用性を備えたUltrabookであることだ。スリープからの復帰は高速でウィンドウズの操作も快適であるため、簡単な作業からじっくり腰を据える作業までずいぶん重宝したように思う。デザインも秀逸で、いまとなっては愛着すら感じる。正直にいうと、人前で何度か自慢気に使ったこともあるほど。XPS 13は「使える」だけではなく「カッコイイ」Ultrabookでもある。実用的なUltrabookを探しているなら、XPS 13は有力な候補の1つとなるに違いない。



デル株式会社

カテゴリートップへ

この特集の記事
ASCII.jpおすすめパック
製品ラインナップ
インテルバナー