このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

使ってみなきゃわからない。デル「XPS 11」の素晴らしきモバイル性第2回

モバイルノートとは思えない完成度の高さ

「XPS 11」の基本スペックとベンチマークをチェック! (1/3)

2014年02月18日 11時00分更新

文● 高橋量

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 デルの「New XPS 11」はクラムシェル型ノートとして利用できる上に、液晶ディスプレーを回転させることでタブレットスタイルでも利用できる2-in-1タイプのUltrabookだ。キーボードを搭載しているので、外出先でも資料の閲覧や作成を快適にこなすことができる。ピュアタブレットに比べると機動力の面で劣るが、基本性能や生産性の高さが魅力。そこで今回はXPS 11の性能面について、ベンチマークの結果を交えながら紹介しよう。

2560×1440ドット表示が可能な11.6型液晶ディスプレー搭載のタッチ対応Ultrabook「XPS 11」

試用機の主なスペック
製品名 New XPS 11 プレミアム・タッチパネル
CPU Intel Core i5-4210Y(1.5GHz)
メモリ 4GB DDR3L-RS 1600MHz
ディスプレー 11.6型ワイド IPS液晶(2560×1440ドット)
グラフィックス インテルHDグラフィックス4200(CPU内蔵)
ストレージ 256GB SSD
ネットワーク IEEE802.11a/b/g/n/ac
インターフェース HDMI端子、USB3.0端子×2、Bluetooth4.0、HD Webカメラ、NFC、メモリカードスロット(SD/SDHC/SDXC)
バッテリ駆動時間 約8時間
本体サイズ/重量 約幅330×奥行き201×高さ11-15mm/1.13kg
OS Windows 8.1 64bit


デル株式会社

 (次ページ、「ピュアタブレットよりも高性能なパーツ構成」に続く)

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事
ASCII.jpおすすめパック
製品ラインナップ
インテルバナー