このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

デザインも使い勝手も最高クラス!「XPS 13 Ultrabook」ロードテスト第4回

携帯性もスタミナもバツグン!

「XPS 13 Ultrabook」の持ち運びやすさとバッテリー性能を検証する

2013年06月04日 11時00分更新

文● 高橋量

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 デルの「XPS 13」は、質感の高いボディと使い勝手の良さで人気のハイエンド向けUltrabookだ。ビジネスやゲームなどさまざまなシーンで利用できるスペックの高さもさることながら、携帯性に優れている点も魅力。薄くて軽いため持ち運びやすく、バッテリーも長持ちするので、外出先でもストレスなく利用できるだろう。

 そこで今回は、人気モデル「プレミアム・大容量メモリ・フルHD液晶」を実際に使って検証した、XPS 13のモバイビリティ(機動性)について紹介したい。

13.3型フルHD液晶ディスプレーを搭載した「XPS 13 Ultrabook」。直販サイトではCore i7搭載モデルやWindows7モデルも用意されている
試用機の主なスペック
製品名 XPS 13プレミアム・大容量メモリ・フルHD液晶
直販価格 11万9980円から(キャンペーン価格/2013年4月30日現在)
CPU Intel Core i5-3337U(1.8GHz)
メインメモリー 8GB DDR3L 1600MHz
ディスプレー 13.3型ワイド IPS液晶(1920×1080ドット)
グラフィックス機能 Intel HD Graphics 4000(CPU内蔵)
ストレージ 256GB SSD
インターフェース Mini DisplayPort端子、USB 3.0端子×2、Bluetooth 4.0、130万画素カメラ
本体サイズ/重量 幅316×奥行き205×高さ6~18mm/約1.36kg(最小構成時)
OS Windows 8 64bit


デル株式会社

デル株式会社


(次ページ、「サイズや重量は問題なく持ち運べるレベル」に続く)

 

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事
ASCII.jpおすすめパック
製品ラインナップ
インテルバナー