このページの本文へ

目指せ王座奪還! 初音ミクGTプロジェクト2013第24回

【予選速報】大激戦のGT富士予選! ミクZ4は5位!

2013年09月07日 22時14分更新

文● 末岡大祐/ASCII.jp編集部 写真●加藤公丸

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

マシントラブルが発生するも会心のアタック!

 前戦、鈴鹿1000kmが2位になるも失格という屈辱に終わってしまったGSR&Studie with TeamUKYO。今回の富士戦にはなみなみならぬ決意で挑む。

 朝の練習走行ではギアトラブルやエンジンまわりのトラブルに悩まされたものの、予選までには修理完了。再発という爆弾を抱えつつも、予選1回目を谷口選手がアタックする。

 谷口選手はピットアウトしてから数周で「1'39.861」というベストを記録し、すぐにピットインする。危なげなく5位で通過した。谷口選手によると「マシンのバランスは悪くない」とのこと。

 続く予選2回目。アタックを担当するのは片岡選手。いきなり39秒台を出し、トップに躍り出る。その後、さらにタイムを更新し「1'39.598」を叩きだした。しかし、#3 NDDP GT-Rや、2台のCR-Z、#61 SUBARU BRZも片岡選手を上回るタイムを次々と更新し、結果的に5位となった。

 明日の決勝レースは5番グリッドと、今季最上位からのスタートになる。明日はパブリックビューイング(秋葉原のグッ鉄カフェ)も開催されるので、前戦の悔しさを晴らすべく、声援を送ってほしい。

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ