このページの本文へ

目指せ王座奪還! 初音ミクGTプロジェクト2013第36回

初音ミクGTプロジェクト、2014年のチーム体制を発表!

2013年12月24日 18時32分更新

文● 末岡大祐/ASCII.jp編集部 写真●グッドスマイルレーシング

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

なんとStudieが離脱!
GSR & TeamUKYOとして再発進!

 12月23日、グッドスマイルレーシングはSUPER GTの2014シーズンに参戦することを発表。チーム体制などを公開した。

 2008年の参戦当初から共に歩んできたBMW専門店のStudieが、なんと2014年からは独自チーム発足のため、離脱することになった。鈴木代表によると「安藝社長からは2台体制の話ももらったが、最終的には男の決断をさせてもらった」とのこと。これは寂しいが、発展的解消ということで前向きに捉えたい。

記者会見冒頭に鈴木氏から、6年間の思いが語られた。GSRとは袂を分かつこととなるが、メンテナンスファクトリーが同じなので、様々な情報を共有してBMWの勝利を目指すという鈴木Studie代表

 Studieが離れたことにより、チーム体制も変化。エントラントがグッドスマイルレーシングになり、代表はグッドスマイルカンパニーとグッドスマイルレーシングの社長である安藝貴範氏になった。チーム名も「GSR & TeamUKYO」に。監督は元F1ドライバーの片山右京氏が就任。満を持してチームの陣頭指揮を執ることになった。これまで監督だった大橋逸夫氏はチームを円滑に取りまとめるゼネラルマネージャーという役職に就いた。なお、ドライバーに谷口信輝選手、片岡龍也選手という鉄壁のコンビ、メンテナンスは安心のRSファインが続投する。参戦車両はBMW Z4 GT3の最新モデル(2014年仕様)だ。

監督に就任した片山右京氏。F1などで培った知識と経験で、どのような作戦を繰り広げるのか!?
谷口選手もチーム4年目。彼のレース人生の中で、これほど長い期間同じチームにいたことはない。チーム在籍期間は番場選手と並んだ。「このチームは勝てるパッケージングだと思うので、残留を決意した」とのこと片岡選手は3年目。「チャンピオンを獲ると声をかけられたけど、いまだに達成できていないので、来年こそ力を出し切ってチャンピオンになる!」と鼻息は荒い

 なお、Studieは別チームを立ち上げるが、メンテナンスは同じRSファインなので、ピットは隣同士になる。データやパーツを共有し、レース中はライバル同士にはなるが、協力関係にあることは間違いない。ファンとしては応援するチームが2倍、楽しみが2倍になった。気になる個人スポンサー制度だが、ねんどろいど、figmaに先行してミク系のグッズが付かない「漢コース」の募集を1月1日から開始する。

 なお、片山右京監督は「5月の富士戦のみ、エベレストに忘れ物を取りに行くので欠席」とのこと。

 そしてチーム体制以外にも発表されたのが、デザイン面のスタッフ。これがホビー好きにはたまらない面々なのだ。

 まず、レーシングミク 2014 ver.を担当するイラストレーターに「おぐち」氏。いまや飛ぶ鳥を落とす勢いのオンラインゲーム「艦隊これくしょん」にて敵側のキャラ「深海棲艦 空母ヲ級」を担当している、新進気鋭のイラストレーターだ。安藝社長によると「おぐちさんはイマドキ珍しいアナログで描く人。筆のタッチが特徴的な、イラストレーターというよりアーティストに近い」という。このことからも、これまでのレーシングミクとは一線を画すイラストになりそうなのは間違いない。

 次に初音ミクGTプロジェクト全体のアートディレクターに、「コヤマシゲト」氏。「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」や、最近だと「キルラキル」のアートディレクターを担当していることで有名だ。来年公開される、中川翔子さんが主演の「ヌイグルマーZ」でもキャラデザインを担当しており、今、ノリにノッテいるデザイナーのひとり。なお、アートディレクターをつけるのは、初音ミクGTプロジェクト史上初。2013年はイラストレーターと衣装デザインでそれぞれ担当がいたが、コヤマ氏はレーシングミクや車体デザインなど、デザイン全体を担当して引き締める役割である。

 プレス向け記者発表会では微妙なリアクションだったが、GSR忘年会で大盛り上がりしたのが、このお方「河森正治」氏である。ASCII.jp読者なら恐らく知っている人も多いと思うが、マクロスシリーズの原作・メカニックデザインを担当していることでおなじみだ。河森氏といえば、変形。変形と言えば河森氏、というくらいロボットが変形するメカニズムをデザインしている。なお、GSRでの担当は「車体機構デザイン」とのことなので、発表会や忘年会でも具体的な話は出なかったが、この肩書きからどうなるのかは推して知るべし。

 今回はチーム体制とデザインスタッフの発表だったが、来年2月9日に開催予定のワンダーフェスティバル内グッドスマイルカンパニーブースにて、レーシングミク 2014 ver.、車体デザイン、そしてレーシングミクサポーターズのお披露目が行なわれる。体制発表会ではなく、決起集会になるとのことなので、ファンのみなさんはぜひとも駆けつけて、シュプレヒコールを挙げてほしい。

今年もお疲れ様でした! また来年!
  2014年 参戦体制
チーム名 GSR & TeamUKYO
エントラント代表 安藝貴範
(株式会社グッドスマイルレーシング 代表)
監督 片山右京
ゼネラルマネージャー 大橋逸夫
ドライバー 谷口信輝
片岡龍也
メンテナンス RSファイン
ゼッケン 未定
参戦車両 BMW Motorsport Z4 GT3 MY2014
車両名 GSR 初音ミク BMW
タイヤ YOKOHAMA
チームマネージャー 竹沢友美
イラストレーター おぐち
デザイン コヤマシゲト
メカニカルデザイン 河森正治

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ