このページの本文へ

目指せ王座奪還! 初音ミクGTプロジェクト2013第21回

【決勝速報訂正】ミクZ4、1000kmを2位で制すも失格!

2013年08月18日 20時00分更新

文● 末岡大祐/ASCII.jp編集部 写真●加藤公丸

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

高度な作戦と優秀なドライバー!
ドイツ本国の助けを借りて、ミクZ42位表彰台!

 本日18日、三重県の鈴鹿サーキットにてSUPER GT 第5戦 ポッカサッポロ1000kmの決勝が開催された。

レース後、結果が変更になりました。訂正してお詫びいたします。

 チームは1000kmのロングディスタンスで、5ピット作戦を展開。ノルマは4ピットなので、1回多い計算だが、早めのピットインでできるだけクリアなコースをフレッシュなタイヤで走り、2位にまで上がった。

 マシンのトラブルもなく、期待されていたBMWワークスドライバーのヨルグ・ミューラー選手の快走もあって、17番グリッドから怒濤の追い上げで2位でチェッカーを受け、久々のポディウムに上ったが、レース後の車検にてリストリクター違反が発覚し、失格となってしまった。チーム関係者の話によると、リストリクターを接着している部分が剥がれてしまい、そこから空気を吸っていたとのこと。

 詳細なレポートなどは後日掲載する。

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ