このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

ASCII.jpおすすめ! 「夏のボーナスで買うべきデジギア」 第2回

この夏はコレを買え! PC編

2013年06月25日 11時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Haswellノート、タブレットに注目! 高解像度Ultrabookもオススメだ

比嘉 高解像度ディスプレーのモデルが出始めた中で、ちょっと変わった形態のモデルも増えてきましたね。たとえば、脱着式デタッチャブルの15.6型、「dynabook V713」。

飯島 キーボードが取り外せるんですよね。画面を誰かに見せるとき、すごく便利。

金子 でも、キーボードをどこに置くか迷いそうかな。職場に置くか、自宅に置くか。

比嘉 そこは2つ買って両方に置くでしょ! ACアダプターと同じですよ。

一同 (笑)

飯島 Ultrabook以外では、「Surface Pro」 がありますね。これにHaswellが載ってたらなあ。

比嘉 でも、Surfaceはお得感が高いですよ。オフィス付いて10万円以下。


Win8タブレットのお手本!?

Surface Pro」。オフィス付きで9万9800円からと、お買い得感が非常に高い


金子 ピュアタブレットとして使うのはもちろん、キーボードカバーの使い勝手が非常にいいみたいですね。

飯島 そう考えると、タブレッ トとノートの境界が曖昧になり始めたのかも。

後藤 オフィス系ソフトの操作感はやっぱりノートにかなわないので、しばらくは両方のニーズがあると思いますよ。タッチ向けUIが今以上に作り込まれたら、境界が消えるかもしれませんけど。

比嘉 入力面では、まだまだキーボードが勝りますね。

飯島 入力といえば、最近、フリックで取材メモをとってる人を見かけます。

金子 フリックに慣れると、 キーボードより速いのかな。

飯島 フリックはタッチ端末との相性がいいですから。キーボードレスで、完全タッチ用UI、入力はフリック。今後のPCはそういうものになっていくのかもしれませんね。

比嘉 進化を予感させるというと、レノボも注目。10.1型ピュアタブレットの「ThinkPad Tablet 2」と、11.6型タブレットともして使える着脱式Ultrabook「ThinkPad Helix」の両方を打ち出しています。


570gのWin8タブレット

レノボ「ThinkPad Tablet 2」。薄さ9.8ミリで、重量は570gなのだ


後藤 これからのPC選びには、デザインなどの付加価値も大きく関わってきそう。

金子 単なるスペック争いではなくなってきましたね。

後藤 Haswell搭載、高解像度ディスプレー、そして従来のクラムシェル型ノートかタブレットか。このあたりがポイントになってきた。

飯島 今年の夏のPCは、目移りするほど見所のある製品が多いですよ。

比嘉 そのあたりを満たしたモデルなら、これからの流行にも乗れそうですよね。今年ユーザーに支持された製品が、今後のスタンダードに影響するかもしれません。

金子 第4世代コアシリーズが出て、各社が改めて力を入れてきましたからね。最新モデルには、「これは欲しい」という1台があるはずです。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン