このページの本文へ

「Asia Submarine-cable Express」の香港ルートが開通

NTT Comの東アジア光海底ケーブル網「ASE」が完成

2013年02月19日 11時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は2月19日、アジア主要都市を結ぶ大容量光海底ケーブル「Asia Submarine-cable Express(ASE)」の香港向けルートが完成し、2月8日より運用開始したと発表した。

大容量光海底ケーブル「Asia Submarine-cable Express(ASE)」。香港向けが今回開通したルートとなる

 ASEは2012年8月20日に日本・マレーシア・フィリピン・シンガポールを結ぶルートの運用を開始しており、今回の完成により全ルートが開通したことになる。香港向けルートは、NTT Comが香港の「将軍澳(チュンクワンオウ)」に建設した「香港TKOデータセンター」(2013年春に提供開始予定)に直接陸揚げされており、そのままデータセンターのサーバールームと直結しているという。

 これらにより、アジア主要都市と香港TKOデータセンターを結ぶネットワークサービスを、従来よりも低遅延かつ低コストで提供可能に。そして、同社が自ら保有する海底ケーブルとデータセンターのもと、ネットワークサービスやクラウドサービスなどを一体的に提供できるため、ユーザーはより信頼性の高いグローバルICT基盤の構築が可能となるとしている。

カテゴリートップへ

ピックアップ