このページの本文へ

目指せ王座奪還! 初音ミクGTプロジェクト2013第1回

王座奪還を目指し初音ミクGTプロジェクト2013始動!

2013年02月12日 20時00分更新

文● 末岡大祐/ASCII.jp編集部 写真●林 佑樹、編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

今年は1台で頂点を狙う!
再び最強のコンビに最強の助っ人登場!

 今年もついにやってきた、「GSR&Studie with TeamUKYO」(グッドスマイルレーシング)の参戦発表会。例年通り、10日に幕張メッセで開催された「ワンダーフェスティバル 2013[冬]」内の「WONDERFUL HOBBY LIFE FOR YOU!!17」ブースで盛大に発表された。

 GSR&Studie with TeamUKYOは昨年、夢の2台体制を敷いて大いに話題になったが、今年はさらに強固な布陣となった。1台体制に戻ったが、昨年の0号車のパッケージがそのまま今年にスライドし、マシンも開幕からニューモデルを投入することになった。そう、谷口信輝選手、片岡龍也選手という超S級ドライバーに加え、本国のBMW MotorsportとBMW Japanからの全面協力による最新モデルのZ4 GT3、そしてF1のテストドライバー経験もあるBMWワークスドライバー、ヨルグ・ミューラー選手も第5戦 鈴鹿1000kmのサードドライバーとして派遣されるのだ!

 これはゲームで言うところの「強くてニューゲーム」といった感じだろうか。最高のドライバーに最強の助っ人、そして最速のマシン。チームもStudieの鈴木代表、大橋監督、片山右京スポーティングディレクターに安藝スーパーバイザーという鉄板のメンバーに加えてメンテナンスは信頼と安心のRSファイン。どんな戦いを見せてくれるのか、開幕戦前から期待度がMAXだ。

このおなじみだけど最高最強のメンバーでSUPER GT 2013年シーズンに挑む! ライバルは多いが、これほどまでに強力な布陣はちょっとない谷口選手のGT人生の中で、同じチームに3年目というのは初。片岡選手も残留を決めてくれて、ダブルエースとなった

 チームの公式キャラクター「レーシングミク 2013 ver.」は、イラストレーターや漫画家などマルチに活躍するsaitom氏がイラストを担当、コスチュームデザインはゲーム「ベヨネッタ」(セガ)で衣装デザインを手がけた島崎麻里氏が担当と、2つの才能がコラボレーションしている。

今年のレーシングミクはキュートだけどセクシ-! イラストがsaitom氏、衣装が島崎麻里氏というコラボが実現した

 みなさんお楽しみのレーシングミクサポーターズには、10代でピチピチ(絶滅語)の荒井つかさちゃん、スレンダーで大人の女性の雰囲気がプンプンの石黒エレナちゃん、そして唯一昨年からの続投となった鴻上聖奈ちゃんの3人に決まった。

左から石黒エレナちゃん、荒井つかさちゃん、鴻上聖奈ちゃん。彼女たちがまぶしすぎて生きるのがツライ……

 なお、Z4 GT3の2013年モデルの変更点を鈴木代表に聞くと、

「外見的な違いはミラーの形状が変わるくらいと聞いています。しかし、中身はかなり大幅にアップデートされるんです。これまではエンジンとトランスミッションがフロント側で連結していましたが、トランスミッションをリアに移動してデフ(ディファレンシャルギア)と一体化させたトランスアクスルという構造になります。性能調整があってもマシン性能をできるだけ落とさずに対処できる部分なので、大いに期待できます」

とのこと。どちらかというとフロントヘビーだったZ4だが、このトランスアクスル化により前後重量配分もかなりバランス良くなってくることだろう。また、安藝スーパーバイザーも「第1戦の岡山から優勝を狙う!」と早くも勝利宣言。もはやチームの目線は一番上にしかない!

デザインは発表の途中までベールに覆われており、進行とともにアンベールされるというモーターショーのような演出であった。筆者はベール回収係という大役を任され、全力で巻き取った

 個人スポンサー制度は今年も継続。まずは漢スポンサーコースから募集が始まり(こちら)、ねんどろいどコースが4月、figmaコースが夏から開始予定だ。1口でも2口でもスポンサーになって、チームを応援しよう。もちろん、個人スポンサーにならなくても応援はできるが、グッズがもらえたりチームからサービスを受けられたりとメリットが多いので、興味が出てきたらポチってみよう。

 もちろん、ASCII.jpでも今シーズンは追いかけていくのでお楽しみに!(ちなみにすでに発表済みですが、筆者はチームの広報に就任したので、全戦帯同します)

これは昨年の4号車に2013年のデザインを施工したもの。アップデートされる0号車は現在ドイツでバランバラン(鈴木代表談)とのことだ。しかし、公式テストまでには間に合うとのことなので期待できる
今年の車両デザインは「ミクの日大感謝祭」のパンフレットなどを担当したデザイン事務所「ragtime」が手がけている
  2013年 参戦体制
エントラント名 GSR&Studie with TeamUKYO
エントラント代表 鈴木康昭
(株式会社スタディ 代表取締役)
監督 大橋逸夫
スポーティングディレクター 片山右京
スーパーバイザー 安藝貴範
(株式会社グッドスマイルレーシング 代表)
ドライバー 谷口信輝(2011、2012年チームドライバー)
片岡龍也(2012年チームドライバー)
サードドライバー
第5戦 鈴鹿のみ
ヨルグ・ミューラー
(BMWワークスドライバー)
メンテナンス RSファイン
ゼッケン #4
車両名 GSR 初音ミク BMW
参戦車両 BMW Motorsport Z4 GT3 MY2013
タイヤ YOKOHAMA

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ