このページの本文へ

LINE、1億ユーザー突破 「世界挑戦のキップを手に入れた」

2013年01月18日 17時30分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NHN Japanは、同社のスマートフォン用コミュニケーションツール「LINE」の登録ユーザー数が1億人を突破したことを発表した(iPhone/Android/Windows Phone/BlackBerry/フィーチャーフォン向けの総計)。

2年経たずにLINEの登録ユーザー数が1億を突破

 LINEは日本法人のスタッフが中心となって開発し、2011年6月23日にサービスをスタート。同年11月に無料音声通話、スタンプなど大幅な機能拡充が契機となって、ユーザーが増加したとする。

 2012年以降は、国内はもちろん、東アジアを中心に拡大。現在では1週間に約300万ユーザーが新規登録しており、うち約6割が海外ユーザーであるという。最近では競合各社が「comm」「カカオトーク」といった対抗サービスを展開しているが、LINEのユーザー数が突出しているのが現状である。

LINEのユーザー数の伸び。現在は6割が海外ユーザーである

 NHN Japan社内では、1億ユーザー突破に合わせて、カウントダウンイベントを開催。同社代表取締役の森川 亮氏は、LINEを支えてきた社員に感謝のコメントを語るとともに、今後のサービス展開についてさらに檄を飛ばす。

社内でカウントダウンイベントを開催
社員が集結し、1億ユーザー突破の瞬間に一斉にクラッカーを鳴らす。社内に勢いがあるのがよくわかる

 「1億ユーザーは単なる通過点。世界挑戦のキップを手に入れた段階」とする森川氏は、さらなるサービス拡大のために、常にユーザーに新しい価値を提供していくことを約束。また、FacebookやTwitterといったサービスの名前を出し、現在はまだマネタイズよりも、ユーザー規模拡大を主眼におき、北米や欧州など新たな市場に取り組む方針を語った。

 なお、NHN Japanのリリースには、LINEユーザーが多い国は日本・タイ・台湾・韓国・スペインの順で、月間アクティブユーザーの割合は80.3%。なお、1億ユーザー達成までに要した期間である約19ヵ月は、Twitterの約49ヵ月、Facebookの約54ヵ月に比べて、大幅に短いことが記されている。

こちらは人気スタンプの一覧。有料スタンプでは地獄のミサワもラインクイン!

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン