このページの本文へ

1億ユーザー突破のLINE ウェブ事業を「LINE」に社名変更

2013年02月06日 16時45分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 1億ユーザーを突破するなど、スマートフォン用のコミュニケーションツールとして、世界展開を図る「LINE」。LINEの提供元であるNHN Japanは、ゲーム事業とウェブサービス事業を会社分割したうえで、サービス名に合わせ、それぞれHangame株式会社(仮称)、LINE株式会社(仮称)に商号変更する計画であると発表した。

勢い止まらぬLINE。サービス名に合わせて社名を変更

 現在のNHN Japanは、2012年1月に「ハンゲーム」「NAVER」「livedoor」を運営する3社が統合して誕生(NHN Japan 株式会社、ネイバージャパン株式会社、株式会社ライブドア)。今回の会社分割は「事業環境の変化に柔軟かつ機動的に対応していく観点から検討している」としている。

 ハンゲームというと、もともとライトなブラウザーゲームやオンラインRPGの印象が強いが、スマートフォン向けのゲームタイトルも急速に強化しており、Hangame株式会社(仮称)においても、同様にゲームを提供していくほか、「LINE」のゲームプラットフォームである「LINE GAME」向けタイトルも制作・運営していく予定。

 一方のLINE株式会社(仮称)は、「LINE」「NAVER」「livedoor」のウェブサービス事業を承継し、「「NAVER」「livedoor」の両ブランドを通じ国内No.1メディアとなることを目指します」とする。


■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン