このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

ソフトバンク冬スマホ発表会 全機種4G対応で下り最大76Mbps! ― 第11回

【フォトレポ】ソフトバンク冬春モデルをネチネチと触ってきた

2012年10月10日 18時56分更新

文● ヤシマノブユキ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ソフトバンクの冬春スマホは玄人好みが粒ぞろい!

 ソフトバンク2012年冬~2013春スマホは計6機種。iPhone 5のようなLTEではなく、全機種AXGP方式の「SoftBank 4G」対応で、下り最大76Mbpsの高速通信が可能だ。プレゼンテーションの最後に「One More Thing」的に発表された、AppleTVふうのユニークな映像視聴端末「SmartTV」(スマテレ)も含め、実機展示された新製品を写真とともに見ていこう。

アメリカンスマホがソフトバンクに初登場!
モトローラ RAZR M 201M

 モトローラのRAZRシリーズが登場するのは、ソフトバンクでは初である。従来のモトローラ端末はやや大ぶりなものが目立ったが、RAZR Mは中級機という位置付けで、持った感じはとてもコンパクトだ。女性にもオススメできる。ロック画面から呼び出す機能をカスタマイズできないのは残念だが、カメラやメールはすばやく起動できて便利だ。

 ディスプレー前面は米コーニング社の「ゴリラガラス2」、側面はメタル素材で擦り傷が付きにくい。カラーバリエーションはブラックとホワイトの2種類だが、背面素材は色ごとに異なる。ブラックの背面は、鋼鉄の5倍の強さで防弾チョッキなどに採用されるKEVLER素材。ホワイトの背面はPET素材で、ブラックほど強度はないが模様で統一感を演出している。

RAZRと言えばアメリカンな大型端末というイメージがあるが、これは比較的コンパクトで女性の手にもフィットするだろう
カラバリは2色。実は色によって背面の素材と強度がちょっとだけ違う

 背面素材の関係で厚さもブラックとホワイトで微妙に異なる。ブラックは8.3mm、ホワイトは8.8mmと、ホワイトのほうが0.5mm厚い。見た目を比較すると違いが分かるレベルだが、決して握りにくいことはない。なお、重量はまったく同じだ。

 RAZRシリーズで初めておサイフケータイを搭載。「モバイルSuica」や「楽天Edy」などのサービスを端末発売時から利用できる。防水/防塵には対応していないが、IPX2等級の防滴性能を完備している。従来のRAZRシリーズが搭載したWebTop(周辺機器を接続し、PCのように利用できる機能)は需要が少なかったため、今回は搭載が見送られたとのこと。

これまた色によって薄さも変わってくる。とはいえ、0.5mmなのであまり気にはならないだろう
このように、おサイフケータイ搭載の恩恵を発売直後から受けることができる
オリジナルのホーム画面を搭載する。名称はとくにナシ。ホーム画面は最大7面まで追加でき、ピンチ操作でホーム画面を一覧できたり、ホーム画面の一番左端に、よく利用する設定画面がまとまっているなど使いやすい

 ディスプレーは有機ELで、映像もホーム画面も色がきれい。さらに狭額縁設計により、ディスプレーのゆったり感が強調される。とくに映像視聴時は美しい色の映像を存分に楽しめる。

 バッテリーは着脱できないので、イザというときは外部バッテリーで充電することになる。RAZR M購入者先着1万名に、国内海外ともに未発売の外部バッテリー「P4000」がプレゼントされる。サイズは幅65×高さ130×厚さ10mm、重量130gとやや大きいが、4000mAhと大容量で、2台のスマホを同時に充電できるのがうれしい。

有機ELディスプレーなので、かなり美しく色が出るバッテリーカバーがないので、取り外しは不可だが、そのぶん大容量のモバイルバッテリーがもらえるキャンペーンがある
背面カバーが取り外せないため、microSIMカードとmicroSDカードは、側面に差し込むタイプとなる

前へ 1 2 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン