このページの本文へ

ソフトバンク冬スマホ発表会 全機種4G対応で下り最大76Mbps! 第9回

フォトフレームで地デジが! 「PhotoVision TV」は買いだ!

2012年10月09日 23時36分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

もはやただの写真立てにあらず!
フルセグがお風呂で見られる「PhotoVision TV 202HW」

 一時期、ソフトバンクで契約すると必ずのようにセットで勧められたデジタルフォトフレーム。基本的にはデジカメで撮影した写真を、内蔵ストレージなりSDカードなりに保存して、スライドショーで再生させるデジタルガジェットなのだが、今回発表された「PhotoVision TV 202HW」(ファーウェイ製)は、もはやデジタルフォトフレームの域を超えている。

 最大の特徴は地デジを見られるフルセグが見られるようになったこと。ディスプレーは9型(800×480ドット)で、フルセグとワンセグの受信に対応しているだけでなく、録画と録画予約にも対応している。内蔵ストレージの2.5GBで録画できるのは約2.5時間。低画質だと9時間、ワンセグだと12時間。SDHCカード32GBを使えば約29時間の録画か可能になる。なお、低画質だと102時間、ワンセグだと135時間も録画できる。

お風呂で半身浴しながら写真やテレビを見るなんていう、優雅なことができるようになった

コネクター類はすべて背面にある

 ディスプレーの下部にタッチ式の操作キーが表示されるが、基本的にはリモコンでの操作を推奨しているとのこと。このリモコンはテレビのオンオフだけでなく、フォトフレームとテレビなど機能を切り替えたり、チャンネルを選択したりなど、普通のテレビのリモコンと同様に使える。

リモコンもカラバリに合わせて、ブラックとホワイトがある。軽くて使いやすいと感じた

 またIPX5相当の防水機能に対応しており、バッテリーが内蔵されているので、お風呂で地デジの番組鑑賞などができるようになった(ただ、リモコンは防水ではないので注意)。

 3G通信機能も搭載しているので、“災害”や“避難情報”や“緊急地震速報”を受信できる「緊急速報メール」に対応。天気予報やカレンダー、時計といったウィジェットもある。ただし、プラチナバンドや4G LTEには対応しない。また、人感センサーが採用されたことで、人が前にいない場合に画面を自動的にオフにしてくれる機能が働き、省エネにも一役買っている。もちろん、再度人がセンサーの前に来ると自動で復帰する。

このスタンドが実は内蔵テレビアンテナにもなっているのだ

これが人感センサー。人がいないときは自動的に画面がオフになるので、内蔵バッテリーだけでも連続駆動時間の1.5時間以上はもちそうだ

タッチすると、このように操作パネルが光る通常は消えているので、デザイン的にもうるさくない

 対応している画像フォーマットはJPEG、GIF、BMP、PNG、映像フォーマットはMP4、3GP、MOV、音声フォーマットはMP3、WAV、MIDI、Ogg、m4a。発売時期は12月下旬を予定しているが、金額は未定。ただ、前モデル「PhotoVision HW001」と同じくらいにはしたいとのことだ。

防水防塵対応の折りたたみ型フィーチャーフォン PANTONE WATERPROOF 202SH

今回唯一のフィーチャーフォン「PANTONE WATERPROOF 202SH」(シャープ製)。さすがPANTONEだけあって、カラバリは豊富。ただし、今回はモックアップの展示のみ

メインディスプレーは2.9型(240×400ドット)、サブディスプレーは0.7型の有機ELを採用。カメラは320万画素でインカメラはナシ。ワンセグと赤外線は対応しているが、おサイフケータイは非搭載

これまでのモデルはキーの上下がくっついていたが、今回からは操作性を考慮して間を空けたとのこと

前モデルと比較すると、バッテリーカバーが背面全体を覆うようになって、スッキリしたデザインになった

発売は2013年の1月下旬以降を予定している

ソフトバンク「PhotoVision TV 202HW」の主なスペック
メーカー ファーウェイ
ディスプレー 9型液晶
画面解像度 800×480ドット
サイズ 約231.4×159.1×23.5mm
重量 約728g
バッテリー駆動時間 1.5時間
テレビ視聴 ワンセグ、フルセグ
テレビ録画 本体、SDHCカード
内部メモリー容量 2.5GB
通信方式 W-CDMA
カラバリ ホワイト、ブラック
防水/防塵 ○/
発売時期 12月下旬以降

■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン