このページの本文へ

1万円ちょっとで買えちゃうハイスペックなAndroid 4.1タブレット

2012年10月06日 11時30分更新

文● 絵踏 一

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Android 4.1を搭載するハイスペックな8型タブレットの新モデル「MOMO 8」が東映無線ラジオデパート店で販売中だ。ハイスペックながら1万3680円と低く抑えられた価格が大きな魅力。メーカーは中国のPLOYERだ。

Rockchipのハイエンドチップ「RK3066」採用の8型タブレット「MOMO 8」が販売中。高性能ながら1万円ちょっとで購入できるのは嬉しい

最新OSのAndroid 4.1(Jelly Bean)を搭載する。丁寧な造形の背面パネルはガンメタリック仕様。片手持ちも問題なさそうな軽量デザインを採用する

 本機は、メインチップにデュアルコア&クアッドコア構成のRockchip「RK3066」を搭載。このハイパワーな仕様に加え、1024×768ドットの美麗なIPS液晶ディスプレー採用により、映像表現力も非常に高レベルだ。

 幅195×奥行き154×高さ8.9mm、重量390gの薄型軽量デザインを採用し、扱いやすさも良好。さらにタブレット製品では珍しく、Bluetooth 4.0をサポートするなど周辺機能も充実している。

採用するガラスのせいか、液晶ディスプレーは非常に美麗。なお、この端末はAndroid 4.1からの新機能を使い、PIP感覚で標準ビデオアプリの映像を楽しめる

 CPUクロックは1.6GHz、GPUは「Mali 400MP4」、DDR3 1GBのメモリーと16GBのストレージを内蔵。外部ストレージは最大32GBのmicroSDHCメモリーカードに対応するほか、フロントに30万画素のカメラを搭載する。バッテリー容量は4000mAh。前述の通りBluetooth 4.0をサポートするほか、IEEE 802.11b/g/nの無線LANに対応する。

インターフェースやボタン(電源ボタンのみ)はすべて1ヵ所に集中配置されるため、全体的にスッキリした印象を受ける。9mmを切る薄さも嬉しい

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン