このページの本文へ

「Nexus 7」が大人気! アキバ各店では即完売のビッグウェーブ

2012年10月04日 11時30分更新

文● 絵踏 一

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Google純正の7型タブレット「Nexus 7」の店頭販売が2日からスタート。アキバの各店でも順調な滑り出しをみせている。取り扱いを行なっているのはソフマップ秋葉原本館のほか、エディオン秋葉原本店などの大手量販の各店で、価格はいずれも1万9800円だ。

Googleの7型タブレット「Nexus 7」が本格上陸、今週から店頭販売がスタートした。格安価格ながらかなりの高スペックを誇る、最新OS Android 4.1搭載の魅力的な端末だ

 ハイスペックながら格安価格で販売され話題を呼んだNexus 7がいよいよ日本に本格上陸。先行発売の通販に続き、今週から店頭での販売が始まっている。

 国内向けに出荷されるのは内蔵ストレージ16GBのモデル。外部ストレージへの対応や背面カメラを省くなど割り切った仕様ではあるものの、クアッドコアCPU「Tegra 3」や1280×800ドットの高解像度IPS液晶を搭載する一線級の魅力的なスペックをもつ。それでいて249ドルという格安の価格設定も評判となったが、日本国内でもほぼそのままの価格で購入できるようになったのはうれしい。

 なお、詳しいスペックなどは国内発表記事や、海外版発売記事を参照していただきたい。

売り場に用意されたデモ機の注目度も高く、足を止めてタッチアンドトライを楽しむ人の波が途切れない。エレコムやバッファローから発売された各種アクセサリーも並んで販売されている

 ちなみに取り扱いのある店舗ではどこも初日で売り切れ。取材したソフマップ秋葉原本館によれば初回入荷は予約分で完売し、現在は近日中とされる次回入荷以降の予約を受け付けている。

 注目度は他のAndroidタブレットに比べても際立っているようで、取材中にもひっきりなしに問い合わせがきている状況だった。販売スタッフも「問い合わせ内容も在庫確認がほとんどで、スペックなどはまず聞かれない」と語るように、Nexus 7のトピックもすでに周知されているという印象。販売開始前は国内での売れ行きを不安視する向きもあったものの、ことアキバ店頭に関しては順調な船出となっているようだ。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン