このページの本文へ

最強クラスの8型中華タブに1万円チョイのモデルが追加!

2012年09月28日 11時30分更新

文● 絵踏 一

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 最近お得なモデルが増えつつある8型サイズのAndroidタブレットに新モデルが登場。中国原道の「N80 DualCore」が東映無線ラジオデパート店にて1万1780円で販売中だ。

人気の7型モデルの陰で着実にラインナップを増やしている8型タブレットに新作。デュアルコアCPU&クアッドコアGPUを搭載するお得なモデルが登場だ

 1万円前後のタブレットを探している人にオススメな、8型の高スペックモデルが登場だ。1.6GHzと高クロックなCortex-A9ベースのデュアルコアCPUに、クアッドコアGPU「Mali-400 MP4」を組み合わせたRockchip「RK3066 1.6GHz」をメインチップに採用する。

 さらにバッテリー容量は同クラスでも最高レベルの5000mAhを搭載し、ロングライフを実現。動画再生などのメディア用途にはうってつけだ。液晶解像度は1024×768ドット。ただし、昨今のハイエンドモデルでは定番といえるIPS液晶が採用されない点だけがやや残念だ。

最近のモデルでは珍しく、静電容量ボタンも搭載。背面はシンプルさが好印象なホワイト仕立てだ

薄型モデルが多くリリースされる昨今では標準的といえる11mmほどの厚み。インターフェイスや操作ボタンは一側面に集合、洗練された印象を受ける

 その他のスペックは、メモリー1GB(DDR3)、ストレージ容量8GBなど。外部ストレージは最大32GBのmicroSDHCに対応。フロントに30万画素のカメラを搭載するほか、IEEE 802.11b/g/nの無線LANをサポートしている。搭載OSはAndroid 4.0。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン