このページの本文へ

4コアCPUが魅力! iPad miniっぽい8型中華タブ

2013年04月27日 11時30分更新

文● 鈴鹿 廻

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ホワイトフェイスにシルバー仕上げのアルミフレームという、どことなくiPad miniに見えなくもない8型タブレット「Q808 QuadCore」が登場。中国VOYOの製品で、東映無線ラジオデパート店にて販売が始まっている。価格は1万5380円。

iPad miniにちょっとだけ似ている8型の中華タブレット「Q808 QuadCore」が発売。ただしスペックはなかなか優秀で、1万円半ばならかなりアリな端末といえる

 ちょっぴり太ったiPad mini、という印象のQ808 QuadCore。見た目だけなら話はそれでおしまいなのだが、スペックがなかなか優秀なのでコストパフォーマンスを重視する人には面白い選択肢になりそう。

背面パネルはiPad miniっぽいアルミフレームを採用。背面カメラも搭載する。厚みは標準的な1cmクラスで、この点はさすがにminiには及ばない

 OSはAndroid 4.1で、クアッドコアCPUや1GBメモリー、16GBストレージ、IPS液晶ディスプレーなど、搭載機能のバランスはなかなか。1万円半ばで買える8型タブレットとしては優等生の部類に入るだろう。

 しかも、バッテリー容量は同クラスではかなり大容量な6000mAhを実装。ショップによれば「搭載するクアッドコアCPUは省電力性を重視した設計」とのことで、バッテリーの持ちはそれなりに期待できそうだ。

インターフェースはイヤホンジャック、microUSB、miniHDMI、microSDカードスロットなど。充電はDC5Vのほか、microUSBでも可能だ。操作ボタンは角を挟んで2ヵ所に配置されている

 主なスペックは、CPUがクアッドコア動作のActions「ATM7029 1.2GHz」(Cortex-A9ベース)、GPUがGC1000+MP、外部ストレージは最大32GBのmicroSDHCカードに対応する。カメラ機能は200万画素のリアカメラと30万画素のインカメラ、通信機能はIEEE 802.11b/g/nの無線LANをサポート。外形寸法は幅200×奥行き154×高さ9.9mmで、重量は458gだ。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン