このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

Core i7上位版や16GBメモリーも選択できるパワフル仕様!! 「Endeavor NJ5700E」ロードテスト 第1回

派手さはないけどパワフル仕様で実力派!!

Ivy世代のフラッグシップノート「Endeavor NJ5700E」

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

エプソンダイレクトのフラッグシップノート最新モデル

 15型クラスのノートを自宅や会社のメインPCとして用いるなら、性能や機能性の面でできるだけデスクトップ機との乖離が小さいものが理想だろう。エプソンダイレクトの「Endeavor NJ5700E」は、まさしくそうしたニーズに適う製品と思える。これは、2011年4月に発売された「Endeavor NJ5500E」の後継モデルにあたり、同社のラインナップではフラッグシップに位置づけられたノートだ。

 旧モデルの「Endeavor NJ5500E」もそうだったが「Endeavor NJ5700E」には2タイプのベースモデルが用意されており、選択したベースモデルによってBTOのカスタマイズメニューも変わってくる。ひとつは「フルHD液晶&専用GPU搭載モデル」で、文字通り、フルHD解像度の液晶パネルとディスクリートGPUの「NVIDIA GeForce GT 640M(1GB)」が標準で搭載されている。もうひとつは「QuadコアCPU搭載モデル」で、CPUが最小構成でも4コアのCore i7-3610QMとなる一方、液晶は標準的なWXGA(1366×768ドット)表示で、ディスクリートGPUも搭載されない。どちらも画面サイズは15.6インチワイドで、筐体デザインやサイズも共通なのだが、方向性はだいぶ異なっているように見える。

 今回のロードテストでは「フルHD液晶&専用GPU搭載モデル」を対象に、その実力や特性をじっくり見ていこう。

「Endeavor NJ5700E」

試用機の主な仕様
CPU CPU:Core i7-3820QM(2.70GHz、ターボ・ブースト時最大3.70GHz)
メモリー 16GB(8GB×2、DDR3 1600MHz SDRAM)
チップセット インテル HM77 Express
グラフィック NVIDIA GeForce GT 640M(1GB)
ストレージ ハイブリッドHDD 500GB(8GB SLC内蔵)
光学ドライブ Blu-rayドライブ(BDXL対応)
バッテリー駆動時間 約5.4時間
サイズ/重量 W380×D262×H34~37mm/約2.6kg
OS Windows 7 Home Edition 64bit(SP1)


エプソンダイレクト株式会社

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中