このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

5角形、まゆ型、ダイヤル操作、形状だけでなく素材にもこだわり

ヘッドフォンは一気に8製品、デノンの新型は音もデザインもスゴイ!

2012年07月12日 14時33分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
イメージ

 デノンは12日、iPod touch/iPhone対応のドックスピーカー2製品とヘッドフォン8製品を発表した。「よい音を鳴らす」というオーディオ機器の本来の目的に沿いながらも、万人受けではなく、ターゲットや用途を明確にした“ライフスタイル系”製品として、これまでの同社のイメージを覆すデザインを採用している。

 発表会では「いいものを作って提供するだけでは足りない。もっと掘り下げて考えるべき」というメッセージも示された。ドックスピーカーは欧州、ヘッドホンは米国のデザイナーを起用。用途やユーザー層に合わせた独創的なデザインや操作感を提供する一方で、オーディオメーカーとして培った音質へのこだわりに関しても妥協がないとする。

形がユニークなネット対応ドックスピーカー

「DSD-500」はブラックとホワイトのカラーモデルを用意する

 8月中旬発売予定の「DSD-500」(予想実売価格6万円前後)と「DSD-300」(同5万円前後)は、まゆのような楕円形のフォルムを持った「Cocoon」(コクーン)というブランド名のドックスピーカー。本体前面にドックコネクターを装備。Cocoon HOMEと名付けられた据え置き型機種(DSD-500)はiPadの装着も可能だ。

DSD-500はiPadの装着も可能 音質についてもこだわり設計になっている
DSD-500はiPadの装着も可能音質についてもこだわり設計になっている

 どちらも有線LANと無線LAN機能を搭載しており、PCやNASに保存された音楽のほか、、インターネットラジオや、Androidスマートフォンからのストリーミング再生が可能。

「DSD-300」。背面(右写真)下方には有線LAN端子がある。右下のはリモコンを収納できる穴があり、左上にはタッチセンサーを搭載する

 DSD-500はUSB端子を装備し、携帯オーディオプレーヤーと接続することで音楽再生や充電が可能。さらに25Wのアンプを4つ内蔵し、迫力ある音の再生が可能だ。

 Cocoon Mobileと名付けられた携帯型機種(DSD-300)はバッテリー駆動が可能で、最大5時間の音楽再生が可能。リモコンなども本体に収納できるデザインとなっており、アンプは25W×2つとなる。

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン