このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

デノンが贈る、新世代ヘッドフォン+ネット対応オーディオ第1回

23gの防水&BTイヤフォンから、お値段12万円の最上級モデルまで

デザインと用途を明確にした、デノンの新提案ヘッドフォンを聴く

2012年09月13日 13時00分更新

文● 編集部、モデル●尾高もえみ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
パッケージはスタイル別にカラーリングが分けられている。8モデルすべてを並べると壮観だ。すでに8月上旬から出荷が開始されている

一気に8製品! 4つのスタイルに合わせたヘッドフォンを展開

 7月12日に発表されたデノンのヘッドフォン新製品“Lifestyle Headphone series”は、Hi-Fi機器の伝統的かつ正統的なあり方にとらわれず、これまでにない“ユニークな視点”で、“いい音”と“使いやすさ”の両立を目指した、個性的な製品群となった。

 実売1万円台から12万円前後までの幅広いレンジに対して、実に8製品を投入する。形態はオーバーイヤー型、インイヤー型、耳掛け型の3種があり、機能面では通常のパッシブ型に加えてアンプ内蔵のアクティブ型、Bluetooth 3.0対応のワイヤレス型、ノイズキャンセリング型など多彩だ。

 Hi-Fiオーディオメーカーとして、いい音を目指すのは当然だが、単一のコンセプトをラインアップ全体に敷衍するのではない、というのが本製品におけるデノンの考え。典型的な4つの利用シーンを想定し、音作りやデザインにも工夫を凝らした。同社が“Classic Headphone”と呼ぶ、従来型製品とは一線を画する印象を与えるものだ。

製品ラインアップ
型番 AH-D7100EM AD-D600EM AH-C400 AH-W150EM
シリーズ名 MUSIC
MANIAC
EXERCISE
FREAK
シーン 音楽鑑賞 スポーツ
形態 密閉型ヘッドフォン カナル型イヤフォン 防滴型BTイヤフォン
カラバリ ── 3色
価格 オープンプライス
実売価格 12万円前後 5万円前後 3万5000円前後 1万5000円前後
製品ラインアップ
型番 AH-D400EM AH-C300 AH-NCW50EM AH-W200EM
シリーズ名 URBAN
RAVER
GROBE
CRUISER
シーン クラブスタイル 旅行・通勤通学
形態 アンプ内蔵ヘッドフォン カナル型イヤフォン BT+NCヘッドフォン BTイヤフォン
カラバリ ── 2色 ──
価格 オープンプライス
実売価格 4万円前後 2万5000円前後 5万円前後 1万8000円前後

 提案されているスタイルは「MUSIC MANIAC」「EXERCISE FREAK」「URBAN RAVER」「GLOBE CRUISER」の4種類。

 ターゲットはその名称が示している。従来のHi-Fiサウンドの延長線上にある“高音質再生”を目指すMUSIC MANIAC、ジョギングやフィットネスといったスポーツを想定したEXERCISE FREAK、クラブミュージックを迫力ある重低音で楽しめるURBAN RAVER、移動中や仕事中などに快適なGLOBE CRUISERという位置付けになっている。

 このうちEXERCISE FREAKは防滴型イヤフォン「AH-W150EM」のみの展開だが、ほかの3カテゴリーではヘッドフォンタイプとイヤフォンタイプの2種類が選べる。AH-W150EM、「AH-NCW500」「AH-W200EM」はBluetooth 3.0対応。「AH-NCW500」はノイズキャンセリング、「AH-D400EM」はアンプ内蔵の機種だ。

 各機能の有無は、D=密閉オーバーイヤー型、C=カナル型、W=ワイヤレス対応、NC=ノイズキャンセリング対応といった具合に、型番の英字を見れば推測が付く。

 さらに全モデルがケーブルのリモコン部または本体にマイクを内蔵し通話が可能。主流になってきたスマートフォンを使ったリスニングにも配慮した仕様である。

前へ 1 2 3 4 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン