このページの本文へ

GMOクラウドのサービスは既存の「GMOクラウドPublic」と並ぶ3本柱に

ホスティングブランド「アイル」、GMOクラウドに統合

2012年03月26日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 3月23日、GMOクラウドはホスティングサービスのブランド「アイル」を「GMOクラウド」ブランドへ4月4日に統合すると発表した。

 現在、アイルブランドで提供している共有サーバー「アイル」および専用サーバーサービス「コアシリーズ」は、すべて「GMOクラウド共用サーバー」または「GMOクラウド専用サーバー」へと名称変更。これにより、GMOクラウドのサービスは既存の「GMOクラウドPublic」と並ぶ3本柱となる。

 同社では、2011年4月に社名を「GMOホスティング&セキュリティ」から現社名に変更し、“「ホスティング」から「クラウド」へ”をキーワードに、「MOクラウドのブランド強化とさらなる価値向上を図っており、この度のブランドへの統合もその一環になるという。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ