このページの本文へ

「GMOクラウド Public」にて提供

GMOクラウド、5メニューから選択する「マネージドサービス」

2012年04月20日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 4月19日、GMOクラウドはパブリッククラウドサービス「GMOクラウド Public」において、クラウド運用の代行を行なう「マネージドサービス」の提供開始を発表した。

必要なサービスを選択できる「GMOクラウド Public」の「マネージドサービス」

 同社によれば、従来の運用代行サービスは、監視やセキュリティ対策、運用サポートなどを1つのパッケージとして提供しているケースが多く、ユーザーによっては不要なサービスにもコストをかけなくてはならない状態だという。これに対しGMOクラウド Publicのマネージドサービスでは、それぞれを分割し、低価格で提供するという。これによりユーザーは、セキュリティ対策、監視復旧、バックアップ、ヘルプデスク、セットアップの中から必要な運用代行サービスを自由に選択できる。

 たとえば、仮想サーバーを守るセキュリティ対策と監視・復旧および24時間サポートが必要な場合は、セキュリティと監視、ヘルプデスクを選べばよい。この場合の料金は、初期費用が2万1000円、月額合計費用が4万2000円などとなる。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ASCII.jp特設サイト

クラウド連載/すっきりわかった仮想化技術

ピックアップ