このページの本文へ

「従量課金型プラン」と「月額課金型プラン」を用意

KVMやXenを選択可能!「GMOクラウド Public」サービス強化

2011年12月08日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 12月7日、GMOクラウドはリソース提供型パブリッククラウドサービス「GMOクラウド Public」のサービス増強を12月15日より開始すると発表した。

12月15日より「GMOクラウド Public」が強化される

 これは、ユーザーの多様なニーズに合わせ、高負荷な環境下でより安定した稼動の継続性を追求するため、サービスを見直したことによるもの。KVMとXenに対応したパブリッククラウドサービスの開発し、従来の「GMOクラウド Public」で評価されている点は維持した上で、さらなるパフォーマンス、スペックを増強。ベンチマークテストの結果、従来サービスとの比較で約4倍もの、国内屈指の高いパフォーマンスが実証されたという。

 GMOクラウド Publicは、「従量課金型プラン」と「月額課金型プラン」の2プランにわかれる。従量課金型プランは、必要に応じてリソースを増減可能で、初期費用が無料/利用料金が従量課金のプランだ。最短1時間から利用可能なのも大きな特徴だ。

 月額課金型プランは、標準のディスク容量は30GBだが、仮想CPU数とメモリ容量が異なる多数のプランが用意されており、最小構成の1コア/2GBメモリの「パック1」は月額2400円で利用できる。

月額課金型プランの内容と価格

オプションサービスの料金

■関連サイト

カテゴリートップへ

  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!